TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

バンダイナムコエンターテインメント コンテンツ商品が好調、3月にサイト刷新

2017年 3月16日 10:10

 5-1.jpgゲーム事業やキャラクターグッズのネット販売などを手がけているバンダイナムコエンターテインメントでは自社通販サイトの「ララビットマーケット」(=画像)において、自社コンテンツ商品などのグッズ販売を伸ばしている。3月1日にはサイト刷新も行うなどネット販売のテコ入れを進める。

 サイトで取り扱っているのは2000~3000アイテムで、主力となるのが自社コンテンツの「アイドルマスター」や「テイルズオブ」といったゲームシリーズのキャラクターグッズ。自社でライブや関連イベントなどを定期的に行っていることから、会場で使えるTシャツやタオル、ライトといったオリジナルのライブグッズをイベントの前後で販売している。

 顧客は20~30代などが中心でコンテンツごとにファン層がいることから、それぞれの公式情報サイト、SNSからライブ時期に合わせて流入するケースも多い。「会場の売場では通販サイトでの記念グッズの販売受け付けなども告知するので、ライブの余韻を持ったままその後の集客にもつなげている」(同社)とする。

 もう一つの商品の柱としては、人気アニメや特撮シリーズなどのコンテンツデザインを使ったオリジナル商品があり、それぞれ特設ページで販売。「周年記念グッズは集客フックになりやすい。当時流行ったものが今になってアニバーサリーを迎えている」(同社)とした。直近では1月にシリーズの放送開始50周年を記念して、特撮テレビ番組のキャラクター「ウルトラマン」モチーフにした純金小判と純金プレートを数量限定で発売。資産運用のニーズを開拓する狙いも兼ねて、同シリーズを子供時代に見ていた中高年層のファンに向けて訴求している。


声優出演の動画も活用


 また、3月1日には通販サイトを刷新。あらかじめ購入商品を事前に決めている顧客が多いことから、キーワード検索での探しやすさを重視したユーザビリティに変更。さらに会員登録している場合であればトップページのデザインをカスタマイズできるようになっており、好きなコンテンツのキャラクターデザインから自由に選ぶことができる。

 そのほか、販促面での新たな施策としても、昨年末からユーチューブによる通販番組「ララビットチャンネル」を開始。実際にキャラクターの声を演じる声優が動画に出演して最新グッズを紹介し、通販サイトに誘導する内容となっている。これまでは同社の公式ユーチューブチャンネル「876TV」内の1コーナーという位置付けだったが、今回の刷新に伴って通販サイト上からも閲覧できるように動画を配置。サイト内のエンターテイメント性向上を図った。

LINE directday リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査