TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

青山商事 ネット連動店舗を増設、オーダースーツECも拡充

2020年 9月17日 12:30

 紳士服の販売を手がけている青山商事はネットとリアルを融合した実店舗展開の強化を進めており、9月5日にはデジタルサイネージを使って通販サイトの商品在庫と連動させる機能を持つ「デジタル・ラボ」を新たに10店舗で開始した。

 同サービスは店内に通販サイトと連動するタッチパネル式の大型サイネージやタブレット端末を複数設置し、来店客が同端末を通して、EC上の約1000万点以上の在庫から希望の商品を選ぶことができるもの。通販サイトは店在庫とも連動しているため、「デジタル・ラボ」の導入店では「洋服の青山」全785店舗にある在庫を確認することが可能となる。

 今回の導入店舗は8県で合計10店舗となり、8県の中で青森県・静岡県・岐阜県・広島県・島根県・徳島県の6県については県内初導入となる。これにより導入店舗数は「洋服の青山」で41店となった。

 今回は地方郊外店(売場面積660平方メートル以上の大型店を含む)を中心とした店舗となるが、店舗内ではスーツ売場の一部を縮小し、現在強化しているオーダースーツコーナー・ビジカジ商品・レディース商品などを拡充することで、多様化するビジネススタイルに対応した売り場づくりを目指す。加えて、同システムにより、EC利用に抵抗感を持つ顧客の通販サイト利用促進にもつなげていく考え。

 また、関連して同日より、オーダースーツブランド「クオリティオーダー・SHITATE(シタテ)」を新たに54店舗に導入し、順次受注を開始。同ブランドは1着当たり税別2万9000円~販売しているオーダースーツで、初回に実店舗で注文すると次回以降は来店しなくてもスマホやパソコンから注文することができる。

 初回注文時に登録した生地や採寸データなどの購入履歴は同ブランドのサイトで確認が可能で、そのデータをもとに同サイト上で注文・会計し、送料無料で自宅まで配送される。

 なお、今回の導入店舗拡大により、「洋服の青山」では103店舗、「ザ・スーツカンパニー」を含めて151店舗となった。
 
楽天 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査