TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

イーベイの「Qoo10」 珪藻土商品の安全確認へ、出店者に証明や対応を徹底

2021年 1月21日 07:30

 ニトリやカインズといった大手量販店・ホームセンターで端を発した珪藻土関連商品への石綿(アスベスト)混入問題。各企業では、関連商品の再調査や取引先の見直しなど問題防止に向けた対策づくりを進めている。EC業界においてもその動きは広がっており、仮想モールの「Qoo10」を運営するイーベイジャパンでは、モール内でのルール整備を行い、出店者への周知徹底を図っている。

 元々、同モールではコスメやアパレルといった商品がメインとなっていたが、近年は住関連アイテムにも力を入れており、珪藻土関連の商品も日用雑貨のジャンルにおいて取り扱いがあるという。

 現状では約450の出店者が約3600商品を出品。今のところ、アスベストが混入されたという事案は発生していないものの、今回の一連の回収問題を受けて、同社では珪藻土関連商品の出店者に対して、出品している当該商品にアスベストの保有を含む安全性への問題がないかを再度確認するように改めて通知を行ったという。

 その上で、アスベストが混入されていないことを明確に証明するため、「アスベスト不検出検査済み」、「ノンアスベスト」などの案内を商品ページに記載することを推奨。購入時の不安を取り除くことにつなげている。

 仮に出店者が販売する商品からアスベストが検出された場合については、販売禁止商品として購入者への全額返金を適用。これに関しては、出店者側での該当製品回収が滞った場合においても、出店規約違反として同モール上での販売活動を停止するなど徹底した措置を設けている。

 加えて、商品の成分や機能などについて顧客からのクレーム・問い合わせが同モール側に持ち込まれた際は、出店者に確認を求めてカスタマー対応を実施。社会的に大きな影響があった今回の問題だけに、モール内での取り扱いや顧客対応については慎重になっているようだ。

 
楽天 フルフィルメントサービス 次世代CRM物流スクロール360 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査