TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ジュピターショップチャンネル 新スタジオが稼働、4K放送設備を完備

2021年 2月18日 12:50

  通販専門放送を行うジュピターショップチャンネル(JSC)は2月28日から、最新設備を完備した新撮影スタジオでの放送を開始する。新たな撮影スタジオおよび新社屋への移転が完了するため。新スタジオでは4K放送用設備を導入しており、同社が放送中のBS4K放送チャンネルではより画質の高い「ピュア4K」での放送が可能になる。
 



 同社では3月1日付で昨年から段階的に進めてきた本社および撮影スタジオの移転を完了。先駆けて2月28日から新スタジオで放送をスタートする。新スタジオは東京・東陽町の新社屋に隣接する地上7階建ての「スタジオ棟」内の1階に2つ、5階に1つの合計3カ所に設置した。なお、スタジオと連動するサブコントロールルーム(副調整室)も3つ保有している。新スタジオのそれぞれ広さは約290平方メートルとなり、これまでの本社内に1つと本社の近隣にあったスタジオビル内に2つあった旧スタジオよりも各スタジオのスペースは広くなったという。また、新スタジオはニュートラルなカラーリングと素材で構成し、より紹介する商品を際立たせる作りとしているようだ。今後は商品ジャンルごとに各スタジオを使い分けていくようだが、当面は撮影スタッフをスタジオごとに分けるなど新型コロナウイルスの感染対策を重視した運用を行っていく予定としている。

 新スタジオには4K放送設備を導入。同社では18年12月から放送をスタートした新4K8K衛星放送での基幹放送事業者の1社としてBS4K放送局「ショップチャンネル4K」を開局、放送をスタートしており、これまでは現行放送である2K(フルハイビジョン)映像を画像処理し4K画質にアップコンバートする形で放送してきたが、今回の新設備導入でアップコンバートではない4K映像である「ピュア4K」での放送が可能となり、4K放送の視聴者にとっては、より番組を通じて商品の素材感などが分かりやすくなり、訴求力が高まるようだ。

 スタジオ棟には3つの撮影スタジオのほか、これまではコールセンターなどがある東京・日本橋箱崎町の拠点内に設置していた生放送番組内で使用する商品の使い方などを説明する動画素材などを撮影するプロモーションビデオ撮影スタジオも5階に設置した。このほか、1階には食品を番組で紹介する際に食材を調理するための大型キッチンを設置。プロモーションビデオ撮影スタジオ専用のキッチン設備も別に設けている。また、放送用の商品サンプルの保管・管理倉庫も置いている。

 なお、スタジオ棟と隣り合う開放感のある吹き抜けが印象的な地上9階建ての「オフィス棟」では受付ロビーのある2階にラウンジや中庭などを導入。また、社長や副社長を除く役職者の個室をなくして3~9階の執務エリアにはオープンスペースを設けるなど社員間のコミュニケーションを活発化させるためのスペースを導入した。一方、1人で集中して仕事をしたい際などに使うことのできる「集中ブース」という個室も3~9階の各フロアに2室程度、設置している。
 
楽天 フルフィルメントサービス 次世代CRM物流スクロール360 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査