TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

消費者庁 マクロフューチャーを処分、「免疫力アップ」で優良誤認

2021年 3月18日 12:30

 消費者庁は3月9日、健康食品通販を行うマクロフューチャーに対し、景品表示法に基づく措置命令(優良誤認)を下した。商品を摂取するだけで免疫力が高まり、疾病の治療や予防効果が得られるかのような表示を行っていた。同社は「命令に従って粛々と対応している」とコメント。不服申し立てなどは予定していないとしている。

 「マクロ元気」、「マクロ元気乳酸菌1250億プラス」の2商品について、自社サイトや、楽天、ヤフーが運営する仮想モールのサイト、同梱チラシ(画像)で不当表示を行っていた。自社サイトでは、「LPSは、マクロファージを活性化し免疫力を高めます。だから、こんな方におススメします。」、「風邪をひきやすい」「花粉症の季節が辛い」、「骨粗鬆症が気になる」、「免疫力アップ」などと表示していた。

 消費者庁は、不実証広告規制の規定に基づき、表示の裏付けとなる合理的根拠の提出を要求。同社から資料は提出されたものの、表示の裏付けとなる根拠とは認めなかった。

 自社サイトでは、「※『免責事項』上記はお客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。」といった「打消し表示」を行っていたが、その無効も判断した。

 表示期間は、自社サイトが遅くとも昨年9月から同月24日、オンラインモールが昨年10月20日、同梱チラシが遅くとも昨年6月から8月末まで。

 これまで行政指導を受けたかには、「分からない」(同社)としている。表示を修正し、今後も2商品の販売は継続する。
 
楽天 フルフィルメントサービス 次世代CRM物流スクロール360 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査