TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ユーグレナとキューサイ 製・販分野で協業、一部商品を製造委託や流通ルート活用

2021年11月11日 11:00

 ユーグレナとキューサイは、製・販分野で協業を進める。キューサイの一部商品をユーグレナの販路で販売する。一方で、ユーグレナが販売する商品の一部の製造をキューサイの自社工場に移管する。これにより、グループ全体のコストの最適化、キューサイ自社工場の生産性向上を図る。
 
 ユーグレナは今年5月、キューサイを連結子会社化した。シナジー創出に向け協議を行い、主力商品の製造・販売で連携する。

 11月中旬からキューサイが販売する機能性表示食品「ひざサポートコラーゲン」について、ユーグレナが持つ整骨や整体、エステ、歯科、薬局等の販路を中心に活用して売り上げ拡大を図る。また、来年上半期内をめどにスキンケア「コラリッチシリーズ」について、美容室など美容サロンの販路を中心に販路を開拓する。

 ユーグレナは、これら専門店のほか、ドラッグストアなどの流通卸ルートを持つ。専門店は全国に数千ほどの販路があるとみられ、取り扱いの提案を強化する。現時点で提案するのは2商品のみだが、今後、商品ラインアップを拡充する可能性もある。

 また、ユーグレナの主力商品「からだにユーグレナ グリーンパウダー」の製造を来年2月をめどに外部の協力工場からキューサイの自社工場(福岡県宗像市)に移管する。

 2社の協業は初めて。今後、ほかの分野でもシナジー創出が可能か検討を進める。

 ユーグレナの2020年9月期のヘルスケア領域における卸売上高は、前年比約35%減の9億2200万円。コロナ禍の影響を受けた。今期の卸売上高は、第3四半期(10~6月)を終えて同約18%増の8億3000万円。グループのMEJが展開する「C COFFEE」の流通店舗への展開を始めたことなどが成長に貢献した。

 
楽天 通信販売年鑑 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売