TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ショッピファイ ユーチューブで商品販売、動画から通販サイトに誘導

2022年 7月21日 12:00

 通販サイト構築サービス「Shopify(ショッピファイ)」を運営するShopify Japan(=ショッピファイジャパン)は7月19日、「ショピッファイ」利用者が動画投稿サイト「ユーチューブ」で商品を販売できるサービスを始めると発表した。商品をグーグルに掲載できる「ショッピファイ」のアプリ「グーグルチャンネル」の機能として提供するもので、無料でユーチューブ上での通販ができるようになる。
 





 EC事業者は、商品をライブチャットのトップにピン留めしたり、ライブ配信中に商品が紹介される重要なタイミングで、タグ付けしたりすることができる。また、ピクチャー・イン・ピクチャー(デバイスで他のアプリを使用しながら小さなプレーヤーで動画を視聴できる機能)で再生できるため、顧客が商品を購入している間も動画を視聴することができる。

 動画の下部に商品欄を配置し、商品リストを表示することもできる。さらに、事業者のユーチューブチャンネルに新しいタブを追加することで、取り扱う全商品が表示可能となる。

 日本カントリー・マネージャーの太原真氏(=写真)は、同日の記者会見で「動画の真下に商品が表示されるため、動画と関連性の高い商品を見せて、そのままコンバージョンにつなげることができる」と新サービスのメリットを説明した。EC事業者から、ユーチューブに投稿した動画を直接売り上げにつなげたいという要望が多かったことから、機能を開発したという。「今後、ライブコマースが中国のように流行した場合は、恐らくユーチューブがトップのプラットフォームになるのではないか」(太原カントリー・マネージャー)。

 商品名や画像、価格、配送などは「ショッピファイ」の情報が反映されるほか、変更した場合もすぐに反映される。在庫が同期されるため、商品が売り切れた場合は自動で削除される仕組み。また、管理画面から動画での売り上げを把握することができる。

 ユーザーは通販サイトに遷移してから商品を購入することになるが、ユーチューブ上で直接購入する仕組みをアメリカでは取り入れており、今後は日本でも導入する予定だ。また、ピンタレストなど他のソーシャルメディアでもソーシャルコマースを展開していくという。
 
楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売