TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

通販関連の団体・官庁の動きARTICLE

2019年 5月 9日 15:00

独禁法の「優越的地位の濫用」 対消費者取引にも適用へ、独禁法上の考え方を整理

 公正取引委員会は、4月に公表したオンラインモールやアプリストアにおける取引慣行の実態調査を踏まえ、今後、独占禁止法上の考えを整理する。モール運営事業

2019年 5月 9日 15:00

【揺れる景表法⑤ 「消費者庁」という迷宮】 一体感欠く組織、表対課の「独善」で進む執行強化

 「不実証広告規制」は創設当初の「効果・性能」への限定運用から、「注文数」「業界最大手」などと一般表示へも拡大を続ける。「ぼんやり」等の暗示表現に合理

2019年 4月25日 13:20

【揺れる景表法④ 「言葉狩り」の誘惑】 “暗示”も規制対象、「不実証」適用、歯止めなき拡大

 核兵器並みの威力と影響力を有する「不実証広告規制」。運用当初は、「表現の自由」との兼ね合いで抑制的な使われ方であった。だが効率的かつ迅速な取締りの誘

2019年 4月18日 13:35

【揺れる景表法③ 「不実証広告規制」の魔力】 根拠なければ違反、抑制的運用から暴走へ

 景品表示法が規制する優良誤認は、条文中の「著しい」を「顧客誘引性があること」と東京高裁が判例で示し、実質的に広告表現すべてに広まる。その後、判例の次

2019年 4月18日 13:30

「茶のしずく」集団訴訟 大阪地裁で賠償命令、原告20人に4197万円の支払い命じる

 旧「茶のしずく石鹸」による小麦アレルギー発症問題をめぐる集団訴訟は3月29日、大阪地裁で悠香など3社に対し、原告20人に約4197万円の損害賠償の支払いを命じ

2019年 4月11日 13:10

【揺れる景表法② 「著しい」とは何か】 高裁が示した“条文解釈”、「顧客誘引性」もって「著しい」判断

 日本国憲法21条で保証された「表現の自由」と誇大広告等を規制する景品表示法の関係をどう整理すべきか。景表法の立法経緯と条文を検討する必要がある。ポイン

2019年 4月 4日 13:20

消費者庁 グローアスに措置命令、“シミ消し”など5商品に優良・有利誤認

 消費者庁は3月28日、健康食品や美容関連商品の通販を行うGrowas(=グローアス)に景品表示法に基づく措置命令を下した。”シワ取りクリーム”と称する

2019年 4月 4日 13:15

消費者庁 酵素サプリで一斉処分、痩身効果に根拠なし

 消費者庁は3月29日、酵素を配合した健康食品を販売する5社に対し、景品表示法に基づく措置命令を下した。あたかも商品を摂取するだけで容易に痩身効果が得られ

2019年 3月28日 18:10

消費者庁 加圧シャツ9社を処分、商品の販売終了、通販撤退も

 消費者庁は3月22日、加圧効果のあるシャツやスパッツ、レギンスを販売していた9社に、景品表示法に基づく措置命令を下した。あたかも着るだけで、加圧による痩

2019年 3月25日 14:45

消費者の景表法運用 野党議員が「質問主意書」、「萎縮招く」恣意的運用を問題視

 また、景品表示法の運用を”恣意的だ”と批判する者が現れた。声をあげたのは、立憲民主党の岡島一正衆議院議員。3月8日、政府に対し、景表法の運用

2019年 3月14日 13:15

経産省 カード決済の対策で実行計画、通販の不正利用対策で見直し

 経済産業省は3月1日、クレジットカード取引におけるセキュリティ対策に向けた2019年の実行計画を公表した。通販での対策について、不正利用への対策を見直した

2019年 3月14日 13:15

薬機法の課徴金 「未承認薬」は対象外、算定率4.5%で了承へ

 自民党の「厚生労働部会・薬事に関する小委員会合同会議」は3月7日、薬機法の改正案を了承した。新たに導入が決まった課徴金制度は、その算定率を売上額の4・5

2019年 3月 8日 14:40

薬機法の課徴金 「未承認薬」対象外も、統計不正紛糾で時間切れか

 薬機法の課徴金制度から、健康食品も対象になり得る「未承認医薬品の広告の禁止(第68条)」が外れる可能性がでてきた。統計不正問題で国会が紛糾する中、改正案

2019年 3月 7日 13:15

公正取引委員会 「GAFA」の実態調査開始、個別モールごとに取引状況把握へ

 公正取引委員会は2月27日、デジタル・プラットフォーマーの取引慣行に関する実態調査に乗り出した。グーグル、アップル、アマゾンジャパンなど「GAFA」と呼ば

2019年 2月28日 13:20

【アマゾンの処分取消訴訟】 訴訟もグローバル、景表法の立証実務に影響も

 景品表示法や独占禁止法の処分をめぐる行政訴訟で「経済分析」の活用が進む可能性がある。消費者庁による措置命令取り消しを求めたアマゾンジャパンが、法廷で

楽天にお店をひらきませんか? リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査