TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

次世代輸送の期待と不安

2019年 1月17日 10:10

 ”トラックの隊列走行”や”空飛ぶクルマ”などの実験が今年に行われる。ドライバー不足が深刻化していく中で、これら新たな技術を活用した輸送・配達に期待したい。

 トラックの隊列走行は1台目だけにドライバーが搭乗し2台目、3台目が自動で追随。宅配便の幹線輸送など通常の3倍の荷物を運ぶことができる。また空飛ぶトラックはドローンの大型版と言えるもので、荷物の輸送だけでなく、人を運ぶことも想定している。

 自動運転やドローンは既に多様な実験を行っているが、その成果や制度整備などまだ未確定な部分が多い。新たな取り組みも早期の実現が望まれるが、安全性確保を最優先して輸送の効率化に貢献できるよう期待したい。
 
通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査