TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

教育で炎上回避

2019年 2月21日 16:10

 飲食店などでの不適切なSNS動画が連日報道されている。過去の投稿も注目され、騒動は拡大。企業は投稿した従業員を解雇し法的措置も検討し、今後、従業員教育に注力するとしている。

 炎上リスクは、通販企業も再認識する必要がある。過去に健食広告で「こっそり飲ませる」との表現が犯罪を連想させるとして炎上。その広告主のピーチ・ジョンは販売を休止し、謝罪。原因に社内の管理チェック体制の甘さを挙げ、再発防止を図ると説明した。

 情報拡散力から企業がSNSを販促に利用するケースが一般化。今後、AIを活用した運用も進みそう。だが、炎上リスクが伴う以上、適正な表現を判断できる人材の育成が重要になっている。

 
リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査