TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

情報窃取で新手法

2019年12月26日 13:10

 12月に発覚した、象印マホービンの情報流出事件。不正アクセスで個人情報を抜き取ってから顧客のメールアドレスに「クオカードが当選したが、送料が必要になる」というフィッシングメールを送り、偽ページでカード情報を入力させるという新しい手口だった。

 象印から送信されたように装っていたため、騙されるユーザーがいたようだ。一方、EGセキュアリューションズの徳丸浩社長は「大々的にメールを送ったことで、逆に発見を早めた可能性もある」と分析する。

 こうした手法を防ぐには、ユーザーの自衛も必要になるだけに、事業者はサイトで「注文しないのに決済を求めるメールを送ることはない」などと注意する必要があるだろう。
 
楽天 EC通販で勝つBPO活用術 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査