TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

作業しやすい車両

2021年12月 2日 13:00

 ヤマト運輸と日野自動車が宅急便の集配用の新たなウォークスルー車両の実証実験を開始した。

 新車両は小型のトラックで普通免許で運転できるという。既に生産を取りやめた従来車両は中型免許でないと運転できなかったことから、ドライバーの確保が行いやすいというメリットがあり、電動のため温室効果ガスの排出もない。

 従来車両は都心では見かけることが少なくなった。運転席から荷室の移動を車道に降りずに行えるウォークスルー構造は、ドライバーの作業性を高められうるという。より多くの荷物を輸送でき、環境も配慮した新たな車両が数多く走行することを期待する。
 
Microsoft 無料オンデマンド 楽天 tenshindo 通信販売年鑑 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売