TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

三越伊勢丹 3D計測で紳士服を提案、新宿メンズ館でサービス開始、アプリからEC購入も

2020年 3月30日 15:40

 三越伊勢丹は3月25日、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階の紳士靴売り場で、3D足形計測を活用して足に合う靴が見つけやすくなるサービス「ユアフィット365イセタンメンズ」を始めた。昨年8月に伊勢丹新宿店本館の婦人靴(パンプス)で始動したサービスの提供範囲をメンズに広げたものだ。

 同サービスは、15秒の3D計測で自分の足形データがデジタル化され、データ化した足形情報と、メーカーから提供してもらった靴の木型情報をマッチングさせ、顧客一人ひとりに合った靴をメンズ館で扱う紳士靴(ドレスシューズ)の中から自動レコメンドする(画像)。当初は約20ブランド、色柄を含めて約400種類が対象となる。

 一方、店頭のシューカウンセラーによるコンサルティングサービスも受けてもらうことで、データ測定だけでなく、利用者の感覚や好みに沿った1足を見つけられるという。

 また、百貨店のアプリ「三越伊勢丹アプリ」とデータ連携すれば、計測結果をアプリ上でカルテ化。計測結果をもとにオンラインでも最適な1足をレコメンドし、EC購入もしやすくなる。

 三越伊勢丹では、百貨店店頭の強みを生かしながら時短でスマートな買い物体験を提供するとともに、デジタルを活用した計測サービスでドレスシューズの新たな売り方を展開。新規顧客へもリーチして新たなマーケットの創出を図る。

 今後は計測サービスをフックに、計測データを活用したメーカーと協業型の商品開発や、マーケットに存在していないニーズを発見して商品仕入れなどへの活用を検討するほか、店舗在庫を持たずにEC上での決済機能と連動したショールーミング化も検討しているという。
 
LINE directday リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査