TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

通販企業の商品戦略ARTICLE

2024年 7月11日 12:00

オンワード樫山 AIが企画したオフィス服、DROBEとのコラボ第2弾、スタイリストが監修

 オンワード樫山は7月5日、オフィスカジュアルファッションブランド「any SiS(エニィ スィス)」で、オンライン完結型のパーソナルスタイリングサービス「DROB

2024年 7月 4日 12:00

ファンケル 主力美容液を刷新、「肌不調」と「機能性」を両立

 ファンケルは、導入美容液市場で、ブランドの存在感を高める。9月18日に、主力美容液をリニューアル。肌不調と機能性の両立に適した美容成分である「チオレド

2024年 6月27日 11:00

アミノセルス製薬 化粧品ブランドの出足好調、実店舗や海外も視野に

 イングリウッドの連結子会社のアミノセルス製薬が5月29日から、通販で展開する新化粧品ブランドを立ち上げた。発売日に実施したイベントや、SNSなどウェブを中

2024年 6月20日 12:00

ゾゾ Da-iCEとコラボ、グループとも連携、限定アイテムを販売

 ZOZO(ゾゾ)は6月14日、LINEヤフーおよびエイベックス・クランと共同で5人組男性アーティスト「Da―iCE(ダイス)」のメジャーデビュー10周年を記念したコラボレー

2024年 6月13日 12:00

アイスタイルの@cosmeベストコスメアワード 総合大賞はアテニア、中価格帯・国産品人気高く

 アイスタイルは6月6日、「@cosmeベストコスメアワード 2024上半期新作ベストコスメ」を発表した。総合大賞は、アテニアのクレンジングオイルだった(画像㊦=ア

2024年 6月13日 12:00

モニターの意見を反映【ハルメク シューズ好調の要因は?㊦】 シリーズで5万足販売

 ハルメクの通販は、顧客の声を商品開発や販売後も含めた各段階で吸い上げているのが強みで、これは靴カテゴリーも同様だ。  「ハルメクの靴」では、&rdquo

2024年 6月 6日 12:00

靴も自社開発を推進へ【ハルメク シューズ好調の要因は?㊤】 コピーの刷新が転機に

 ハルメクは、通販事業で靴カテゴリーを強化しており、とくに自社プライベートブランド(PB)の「ハルメクの靴」を育成中だ。  同社では従来、靴カテゴリーの

2024年 5月31日 12:00

Antway 販売食数は1200万食突破、満足度高め利用機会増やす

 Antwayは冷蔵総菜宅配サービス「つくりおき.jp」を強化している。満足度を重視したメニュー展開で販売食数は1200万食を突破。今期からは新たな商材の取り扱い

2024年 5月24日 12:00

山善 充電式の家電新シリーズ、バッテリーを共通化、売上高100億円へ

 山善は5月15日、リチウムイオンバッテリーを使った家電シリーズを立ち上げると発表した。6月上旬より、通販サイト「山善ビズコム」や仮想モールに出店する「く

2024年 5月16日 11:00

大丸松坂屋百貨店の「明日見世」 出品ブランドが200を突破、今タームはイベントも多数

 大丸松坂屋百貨店は5月1日~7月23日の間、大丸東京店4階のショールーミングスペース「明日見世」で、”THANK YOU!―であい めぐる みらい―”をキ

2024年 5月 9日 12:00

「デリ」を中核的商品に【冷蔵庫総菜宅配開始の狙いと勝算 オイシックス・ラ・大地 サービス開発本部サービス進化室 Ready to eatチームマネージャー 荒川桃子氏】 サービス全体でニーズに対応する

 オイシックス・ラ・大地は4月18日、冷蔵総菜の新事業「デリOisix」を開始し中食市場に参入した。これまでは食材をネット販売し新規市場を開拓し成長してきた。

2024年 4月25日 12:00

メディプラス 新製品を6月に発売、美容理論を提唱、ライン使い提案

 化粧品通販を行うメディプラスは、グループ会社開発の独自成分をシリーズ共通で配合した製品を新たにラインアップに加える。独自の美容理論も提唱。摩擦による

2024年 4月18日 12:00

リンベル母の日ギフト 体験型商品の人気復活、父の日ギフトとのセット購入も

 カタログギフト事業などを手がけているリンベルは、3月14日より、自社公式通販サイトにおいて今年度の母の日ギフトの販売を開始した。今期は体験型ギフトへの

2024年 4月11日 12:00

“囲い込み”で自社サイト強化【好調企業の販促研究e☆イヤホン②】 早期に全社売上高100億円へ

 ユーチューブなどでの情報発信にコストをかけることで、「視聴できない」という弱点をカバーしている、タイムマシンが運営する「e☆イヤホン」のEC事業。しかし

2024年 4月 4日 12:00

「情報発信」に積極投資【好調企業の販促研究 e☆イヤホン①】 レビュー動画がマニアの“辞書”に

 イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」を運営するタイムマシンの業績が好調だ。円安や物価高による消費減退といった逆風を受けながらも、2024年3月期売上

楽天 通販のよみもの 業界団体の会報誌「ジャドマニューズ」 通販売上高ランキングのデータ販売