TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ハーバー研究所 トクホ等の販売強化、健康食品の構成比3割目指す

2021年 8月26日 12:00

 ハーバー研究所は、健康食品事業を強化する。「内外美容」の提案を強化。戦略的位置づけの商品としてトクホ飲料の販売を強化する。現在、総売上高の約2割にとどまる健康食品の売り上げを3割まで高めることを目指す。
 






 8月5日、トクホ飲料「オリゴワン ヨーグルトサワー味」(=画像、125ミリリットル)をリニューアル、8月24日にはパインヨーグルト味、イチゴヨーグルト味の2味を新発売した。通販は24本(税込3110円)を、直営店は1本(同129円)から販売する。

 「オリゴワン飲料」は、「おなかの調子を良好に保ち、便通改善に役立つ」といった機能を表示する。関与成分として配合する「乳果オリゴ糖」は、難消化性の特徴から大腸まで直接届くオリゴ糖として知られる。また、少量で効果が得られ、下痢をしない最大無作用量が大きいなど安全領域も広い。性別や年齢を問わず、幅広い層に訴求する。

 ハーバー研究所の21年3月期の売上高は22%減の約143億円。コロナ禍で百貨店卸や直営店など店舗休業の影響を受けた。商品別で、健康食品は、34%減の約26億円。構成比で約19%を占めている。

 「HABA」の社名は、「Health Aid BeautyAid(美と健康を助ける)」の略。創業来、内外美容を訴求してきた。コロナ禍で健康志向が高まる中、健康食品への投資を強化。スキンケアに次ぐ事業の柱に育成を図る。

 健康食品強化の背景には、今年3月に子会社で健食の製造・販売を行うHプラスBライフサイエンスを吸収合併したこともある。医療機関や介護等の高齢者施設、調剤薬局など約1万施設に低カロリー甘味料等の卸販売を行う。「オリゴワン飲料」も医療機関や高齢者施設を中心に展開していた。

 
楽天 通信販売年鑑 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売