TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

目立つ不適切動画

2019年 3月25日 13:10

 米マクドナルドやネスレなどが、動画サイト「ユーチューブ」への出稿を停止したというニュースがあった。未成年者が映った動画が、小児性愛者に利用されているという指摘を受けたものという。

 グーグルも対応はしているのだろうが、不適切な動画はまだまだ多い。例えばグーグル検索をすると1ページ目にユーチューブ動画のサムネイルが表示されるが、出てくるのはスクロールする文字しか表示されない「文字動画」ばかり。有名人を誹謗中傷するような、無根拠な文言がサムネネイルとして表示されることも少なくない。

 こうした動画に広告を表示される企業側はたまったものではなかろう。グーグルは動画の品質向上にもっと真剣に取り組むべきだ。

 
リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査