TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

楽天の「Kobo Touch」、過大表示で行政指導、開設時1万冊分を水増し

2012年11月 5日 11:10

楽天(本社・東京都品川区、三木谷浩史社長)は10月26日、自社電子書籍端末「コボタッチ」のコンテンツ数の表示について、景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあるとして消費者庁から口頭注意の行政指導を受けていたことを明らかにした。
6-2.jpg
 口頭注意の行政指導を受けたのは10月18日。同社は7月19日、子会社のカナダKobo社の電子書籍端末「コボタッチ」を発売し、同日、同端末に対応する電子書籍ストア「コボイーブックストア」を開設して電子書籍を配信。開設時、パンフレットなどでは日本語コンテンツの配信数を「約3万冊」と表記していたが、実際は1万9164冊だったため、景品表示法上で不適切な部分があったとして、行政指導を受けた。

 楽天では、今回の行政指導を受けて「今回の指導を真摯に受け止め、今後はより分かりやすい表示をするよう改善を続けていく」(楽天広報)とコメントしている。

 なお、「コボイーブックストア」の日本語コンテンツ数が3万冊に到達したのは8月24日。現在はインターネット百科事典「ウィキペディア」の作家情報などを含め、約6万5千冊になっている。

 同社では年内に20万点の配信を目標としており、達成の見通しについては「目標に達するように日々改善を続けている」(同)と述べるに留めた。


「リテールテック JAPAN Online」マイクロソフト全セッション一挙公開! 楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売