TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

消費者庁 長官に農水審議官の新井氏、伊藤長官は退職し次長に黒田氏

2022年 6月23日 13:00

 消費者庁は7月1日付の人事異動で、消費者庁長官に農林水産省農林水産審議官の新井ゆたか氏が就任する(写真㊤)。伊藤明子長官は退職する。また、6月28日付で、消費者庁次長に内閣府大臣官房政策立案総括審議官だった黒田岳士氏が就任する(写真㊦)。高田潔次長は、内閣府(大臣官房)に出向する。

 新井氏は、1962年9月14日生まれ。長野県出身。87年に東京大学法学部を卒業後、農林水産省に入省。04年7月、林野庁森林整備部計画課森林総合利用・山村振興室長、消費・安全局、総合食料局、食料産業局を経て、14年4月、水産庁漁政部漁政課長。15年7月、山梨県副知事。18年7月、食料産業局長、19年4月、消費・安全局長を経て現職。消費・安全局長の時に家畜伝染病「豚(とん)コレラ」のまん延防止対策を担当した。審議官として農林水産物等の輸入規制緩和に向けた取り組みを進めた。

 黒田氏は、1966年6月20日生まれ。愛媛県出身。89年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、経済企画庁(内閣府)に入庁。97年、調整局調整課課長補佐、99年、金融監督庁検査部検査総括課金融証券検査官。

 岸田文雄首相が08年、消費者庁の新設に向け福田内閣(当時)で消費者行政推進担当大臣に就任した時に大臣秘書官を務めた。11年に消費者庁消費者政策課長、12年に消費者庁参事官。18年に内閣府大臣官房審議官(経済財政運営担当)、20年に同審議官として経済社会システム担当を経て、昨年9月から現職。
 
楽天 アパレル特化物流センター スクロール360 SLC春日部 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売