TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

エイピア 潜在顧客を予測、マーケ用AIソリューションで

2022年 8月 4日 12:29

 台湾発のAI企業、Appier(=エイピア)は、AIを活用してECなどBtoC事業向けにセールスとマーケティングのAIソリューションを提供している。(1)潜在ユーザーの予測・獲得(2)ユーザーの維持・関係構築(3)取引の実行(4)ユーザーの予測――という包括的なソリューション群を擁し、セールスとマーケティングの幅広い部分を支援できる体制にしている。マーケティングやセールスに関する普遍的な課題を解決できるソリューションとして開発しており、今後、より多くの企業の導入を見込んでいる。

 エイピアの財務担当シニアバイスプレジデントで日本代表(ヘッドオブジャパン)の橘浩二氏は、自社のAIソリューションについて「AIは情報が数多いほど精度が高く、当社はこの点に着目してデータが豊富な消費系のBtoCをターゲットにしている。また、どの企業も同じ課題を抱えている点から、マーケティングとセールスに特化したソリューションを提供している」と説明する。

 今回は4群のAIソリューションのうち、潜在ユーザーの予測と獲得を可能にする「CrossX(クロスエックス)」と「AIXPERT(アイエクスパート)」を取り上げる。まず、「クロスエックス」は「どこにお客様がいるか」というマーケティング上の一番の課題に対するソリューションで、どこに良いユーザーが存在しているかを予測して、それらを獲得していく。

 このソリューションでは、既存顧客や登録ユーザー、あるいはECサイトに登録をしていないが閲覧した人の情報があり、こうした情報に基づき属性の近い見込客を予測。ターゲットとした属性へはグーグルやフェイスブックといった広告メディアにAIが自動配信する。デジタル広告は、個人情報保護法などによる規制でサードパーティーデータの活用が難しくなっている中で、個人を特定せずに見込客を判定できるソリューションを提供できるのは同ソリューションの大きな強みとしている。

 一方、「アイエクスパート」は「クロスエックス」の機能のいくつかを特化して提供するソリューションとなる。グーグルやフェイスブック、アップルサーチといったデジタル広告にフォーカスしているもので、昨年春に提供を開始。KPIに従って、指定した金額を使って広告配信するというセッティングを行った上で、車を自動運転するようにマーケティングを自動的に行っていく。そして大きな特徴は、AIでチューニングをきめ細かく行っていくことができる点。

 このチューニングは1日当たり1000~2000件という膨大の回数に登るという。人手の場合では、1日に2回程度が限界であるとしており、AIの活用でパフォーマンスを落とすことなくチューニングを行えることで、広告配信の費用対効果を最大化していくことを可能にしている。エイピアが保有する様々なユーザーデータによって、「アイエクスパート」は見込客の属性を類推しターゲットを絞り込んでいき、効率も追及していく。

 「アイエクスパート」では、過去1週間のデータ、過去1日のデータなどを踏まえて、これから先の2時間で、人はどのように行動するかも予測。そこで予め最適な状態の情報を提供するように設定し直ししたりする仕組みになっているという。

 
楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売