TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

高島屋 冷凍クリスマスケーキの破損問題で会見も「原因を特定できず」

2023年12月27日 15:30

 
 高島屋は
1227日、同社のオンラインストアで販売、配送した冷凍クリスマスケーキの複数の商品が崩れた状態で届いた問題について、都内の本社で横山和久専務が会見を行い、購入者などに謝罪した上で、「製造委託先と配送委託先に対して調査をしたが、明確な原因を特定することができなかった。原因が特定できる管理体制を構築できなかった責任はすべて当社にある」とした(写真)。


 商品の破損が問題になったのは横浜のフランス料理店「レ・サンス」が監修した冷凍クリスマスケーキ「ストロベリーフリルショートケーキ」(税込5400円)で、高島屋の通販サイト「高島屋オンラインストア」で9月20日~12月9日の受注期間に2879個を販売。当該商品は1216日~25日に冷凍状態で配送されたが、ケーキが崩れていたという投稿がSNS上で相次ぎ、同社もホームページ上に謝罪していた。1226日午後8時時点で1046人の購入者と連絡がとれ、そのうち807件の破損を確認。返金するなどで対応した。破損したケーキの配送エリアは特定の地域に限らず全国に及んだ。


 問題のクリスマスケーキは埼玉県内のケーキメーカー、ウィンズ・アークが製造を、ヤマト運輸が配送を請け負った。同じ商品は22年も販売しているが、大きな商品破損はなく、「今回も自信を持って販売した」(横山専務)という。


 高島屋によると、製造委託先からは商品製造後の冷凍保管期間中の温度管理およびサンプル検査における中心温度は適切で、また、製造工程においては昨年と冷凍時間に変更があったものの、事前の冷凍試験や実際のサンプル検査で問題は生じなかったという調査結果を受けた。


 配送委託先からは、製造工場に集荷をした際や埼玉県の羽生営業所でクールボックスに積み替えたとき、同県の仕分け基地に輸送した段階、全国の仕分け基地に届いた段階のすべてで規定の温度で管理されていたほか、集荷に使用した車両の故障などもなかったと報告を受けた。


 高島屋では、「過去にケーキの破損はゼロではないが、今回のような(大きな)件数は初めて。製造、配送の各委託先で調査をしたが、ピンポイントで明確な破損の原因を判断するのは不可能だった」(同)とし、今後、製造から配送までのサプライチェーンにおける各段階の取引先と関係を強化し、再発防止に取り組む考え。


 今回のクリスマスケ―キを監修した「レ・サンス」はおせちも監修しているが、こちらは同店で製造もしており、高島屋側も製造現場を確認済みで、予定通り配送する。また、おせち商戦や「高島屋オンラインストア」全体で注文のキャンセルが相次ぐなどの状況にはないという。
 
成功の法則 100ヶ条 通販売上高ランキングのデータ販売