TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2019年10月 3日 13:45

新品と古着で囲い込み<アパレルECの新潮流> フリマ連携や割引で価値創出

 アパレルEC市場では、これまで共存がタブー視されていた「新品」と「古着」の売り場を行き来しやすくしたり、垣根を取り払う動きが強まっている。CtoCフリマ市

2019年10月 3日 13:30

ヤフー 競売とモールで併売可能に、ヤフオク!の法人出品者、定額販売の中古品が対象

 ヤフーは9月26日から、運営するネット競売サービス「ヤフオク!」で中古品を販売する法人出品者を対象に、「ヤフオク!」での販売商品を仮想モール「ヤフーショ

2019年 9月19日 13:40

ヤフーがZOZOを買収へ、4000億円でTOB、カリスマ不在のゾゾの今後は?

 ヤフーは9月12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)を買収すると発表した。株式公開買い付け(TOB)を行い、50・1%を取得し、連結子会社化を

2019年 8月29日 13:38

各分野の市場の状況は?<注目ジャンル別通販売上高ランキング>

 通販新聞社は7月、「第72回通販・通教売上高ランキング調査」を実施し、売上上位300社の通販売上高を調査し、ランキングを発表した(当該記事はこちら)。今回

2019年 8月29日 13:30

【吉岡社長に聞く アスクルの“これから”は?】 ヤフーとの話し合い開始へ、川邉社長との面談も要請

 運営する通販サイト「LOHACO(ロハコ)」の運営や低迷する業績の責任などを巡って、筆頭株主のヤフーと対立が続くアスクル。8月2日開催の定時株主総会でヤフーら

2019年 8月22日 15:30

【アスクルVSヤフーの行方㊦】「独立性犯すなら戦う」 吉岡新社長がヤフーと対立継続を表明、一方で歩み寄りの動きも

「(アスクルの)独立性を犯すものがあれば、岩田がいないのであれば私が戦っていく」--。ヤフーやプラスら大株主の再任反対の議決権行使により、岩田彰一郎氏は8

2019年 8月 8日 17:08

【アスクルVSヤフーの行方㊤】岩田氏、アスクル社長を退任 株主総会でヤフー側と”舌戦”

 運営する通販サイト「LOHACO(ロハコ)」の運営や業績への責任論などを巡って資本提携の解消を要求するなど筆頭株主であるヤフーらとの対立が続いているアスクル

2019年 8月 8日 15:00

【三越伊勢丹 EC限定ブランドの挑戦】 顧客の生の声を服作りに反映、ポップアップ店でサイズ不安解消へ、MDにビッグデータ活用も

 三越伊勢丹は、20代~30代女性をターゲットに、インフルエンサーやユーザーのリアルな意見とトレンドを反映した衣料品やファッショングッズを提案するオンライ

2019年 8月 1日 13:33

【本紙単独インタビュー 渦中の岩田社長胸中明かす】 「会社乗っ取り狙う本性あらわに」

 アスクルの岩田彰一郎社長の退陣要求や両社で運営してきた日用品通販サイト「LOHACO(ロハコ)」の事業運営などを巡り、対立が続くアスクルとヤフーの攻防戦が8

2019年 8月 1日 13:24

【千趣会の中計の出だしは?】 構造改革進展で上期黒字化、商品型数削減など事業規模を適正化、新客開拓と定着化に課題

 千趣会は、新中計の出だしとなる第2四半期(1~6月)連結業績が通販事業の規模適正化方針やベルネージュダイレクトとモバコレの連結範囲除外の影響により、売上

2019年 8月 1日 13:19

【マガシークの井上直也社長に聞く ファッションECモールの成長戦略㊤】 dファッションのマス化推進、新客開拓のメインエンジンに

 マガシークは、ファッション通販サイト「マガシーク」と、親会社であるNTTドコモと共同運営の「dファッション」の2サイトを軸に規模拡大を図り、2020年3月期の

2019年 7月18日 13:35

行政処分増加、募る反発<上半期の通販業界を振り返る> 電子決済、EC市場に進出

 2019年も半年を経過し、早くも折り返り地点を迎えた。今上半期の通販業界を振り返ってみると、通販企業への行政処分が例年以上に相次いで起きたほか、大手通販

2019年 7月 4日 13:45

ヤフー 上位店限定モール新設へ、売上手数料の徴収を“復活”、優良・大手に“特別な売り場”

 ヤフーは10月、一定規模のネット販売実施企業のみに出店を制限した仮想モール「PayPayモール」を新設する。グループ企業が展開中のスマートフォン決済サービス

2019年 6月27日 13:20

【2018年度食品通販売上高ランキング】 主要50社で4961億円、前年度比4.1%増に、トップはオイシックス・ラ・大地

 通販新聞社が6月に行った食品通販売上高ランキング調査によると、主要50社の18年度売上高合計は4961億円600万円になった。前回調査時に比べ4・1%増加(前回は対

2019年 6月13日 14:00

【大手仮想モールの夏商戦の現状と展望】 5月猛暑で夏物前倒し、首掛け扇風機や清涼寝具好調

 広い範囲で記録的な猛暑となった5月が終わり、関東など東日本では梅雨入りとなった。しかしながら、九州や近畿では梅雨入りにやや遅れが見られるなど今年もま

楽天にお店をひらきませんか? リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査