TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ZMP 宅配ロボット走行公開、世界初のコンビニ商品無人配達

2019年 3月25日 15:10

 自動運転システムやロボットの開発などを行うZMP(ゼット・エム・ピー)は3月13日、ローソンと慶應義塾大学SFC研究所の協力を得て行ってきた自律走行の配送用ロボットによるコンビニ商品の無人配送に関する実証実験の成果を公開した。慶應大学キャンパス内で行ってきたもので、ローソンの仮設店舗から注文者のところまでロボットが走行して商品を受け渡すラストワンマイルの配送を実現。無人によるロボットでのコンビニ商品の配送は世界初とし、歩道での走行を行える規制緩和につなげていき、オリンピック開催時の2020年に実際の運用を目指している。

 実証実験を行った配送用ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」は、ZMPが2017年から取り組んできたもの。本体には複数のカメラ、レーザーなどを搭載し、人や障害物などに反応して走行できるもの。走行ルートを予めインプットして自律走行できるようにしている。

 今回の実証実験は、1月21~31日まで行った。専用アプリから商品を注文できるようにし、店舗側で注文に従ってロボットの商品格納用のロッカーに収納。アプリはクレジットカードの登録も行い、決済が行えるようにしているもので、今回は一連の流れを公開した。

 商品を積み込むと、ロボットは自動的に走行し、途中に人とすれ違うなどすると、あいさつしたり、アイコンタクト(ロボットの前面が顔のデザインを施しており目を変化させていろいろな表情を見せる)を図ったりし、コミュニケーション面も配慮。注文者が所在する建物の玄関先で商品の引き渡しを行い、注文者がスマホをかざすと、ロッカーの扉が開くとともに決済。商品を取り出して扉を閉めると再び走行を始める。

 無人配送ではIT技術を活用し、ロッカーボックスの解除、安全面の監視、走行位置などの専用システムで管理。また、注文者もアプリを通じてロボットの位置などを確認できるようになっている。

 ZMPの谷口社長は「昨今のラストワンマイルの問題の解決や、買い物に困っている人々に少しでも役立ちたいとのミッションで取り組んできた」と述べ、宅配ロボットの有用性を訴え歩道の走行などを可能にしていく意向を示した。

 
楽天にお店をひらきませんか? リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査