TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

“刺さる”商品画像とは?、海外主要モールの規定に注意

2022年 4月28日 12:50

 以前から安心安全で質のよいイメージのある日本の商品のニーズは高かったが、コロナ禍を乗り越え、消費意欲が高まりつつある中で海外の消費者の日本商品への興味・関心は増している。それゆえ、有望な販路として越境ECに着手し始める日本の事業者が増えているようだ。とはいえ、越境ECで成果をあげることは簡単ではなく、抑えねばならないポイントがある。今回は、越境ECを展開する上で知っておきたい”越境ECで刺さる商品画像”についてみていく。

商品画像の背景「白」にすべき 

 国内海外問わず、通販サイトに掲載する商品画像はその商品の価値や機能などを消費者に伝える上で重要な役割があり、画像1枚で売れ行きが伸びることもあれば、逆に売れなくなるばかりでなく、クレームや返品を多発させてしまうことも。国内とは感覚が異なる海外の消費者にECを展開していくには注意が必要となる。

 まず、確認すべきこととして現地で展開する仮想モールが定めている規定に合致しているか否か。越境ECを行うにあたって自社サイトではなく、現地の仮想モールに出店して展開するケースも多いが、商品画像にこだわる云々の前にその規定の反していると掲載自体ができない、または優遇措置を受けられなくなるなどのペナルティが課されることがあるためだ。

 海外の主要な仮想モールが定める商品画像についての規定は様々だが、多くで共通している点は「商品画像の背景色は白」と指定または推奨していることだ。

 海外のEC事情に詳しい越境ECを含むネット販売実施事業者らに向けてささげ(撮影・採寸・原稿)業務代行事業などを展開するグラムスによると、特に欧米の消費者は日本とは比較ならないほど、デザインに対して、非常に厳しく、背景色でごまかされずにしっかりと商品を見たいという傾向があるという。



 
楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売