TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ラック 万全なセキュリティー担保、アパレルに最適なサイト構築

2022年12月23日 13:00

 情報漏えい事件が相次ぐ中で、通販サイトにおけるセキュリティー対策の重要性はますます高まっている。セキュリティー企業のラックでは2023年2月から、アパレル企業が自社ブランドを訴求するのに最適な通販サイトを構築できる「Salesforce(セールスフォース) Commerce Cloud エクスプレス開発サービス」の提供を開始する。通販サイトのセキュリティーに関しては第一人者であるラックが提供するだけに、構築したサイトのセキュリティーが担保されているのも特徴となる。

 新サービスは、アパレルやコスメ、宝飾品などの「消費者へのブランド訴求が重要な商材」を扱う通販サイトを、短期間かつ低コストで開発できるサービスだ。

 ラックにはアパレル企業などを中心に40ほどの通販サイトを構築した豊富な実績がある。好みの商品を簡単に見つけられる機能、円滑な在庫管理を意識したシステム開発など、これまでの経験から得た知見を通販サイト構築のテンプレートとしてまとめた。通販事業者のニーズにあわせて、柔軟にカスタマイズすることが可能だ。通販サイト間の競争が激化する中、アパレル企業などブランド訴求が重要な企業にとっては、機能開発の期間短縮とコスト削減は喫緊の課題。ラックでは、テンプレートを用いた開発モデルを採用することで両者を実現した。

 新サービスには、セールスフォースが提供する、クラウドコマースソフトウエアである「Salesforce Commerce Cloud」を採用。柔軟性や大量アクセスに耐えられるインフラが特徴で、売り上げ規模の大きい企業がセールを実施した際でも重くならない通販サイトが構築可能という。

 同社SE統括部ES第二部長の松本哲平氏は「サイト構築から運用、物流などのフルフィルメント機能まで、一気通貫でサポートできる点も大きな強みだ」と話す。消費者一人ひとりに対して、通販サイト、実店舗、アプリ、行動履歴などに基づき統合された、最適な購買体験(ユニファイドコマース)の提供を可能とした。

 また、セキュリティー企業ならではの機能も盛り込んだ。「構築の際にセキュリティーを万全にするのは当然だが、情報漏えいを防ぐには定期的にセキュリティー診断をして、セキュリティーホールを潰していくことが大事」(松本部長)。同社では、クラウドサービスのセキュリティーを診断する「SaaS設定診断」を提供している。同サービスによる定期的なセキュリティー診断を実施することで、ぜい弱性の有無を確認することができる。

 こうしたセキュリティー診断サービスを付加しているのは、「Salesforce Commerce Cloud」を採用した構築サービスの中では他に無いという。ラックの知見を活かし、トータルでセキュリティー面でのサポートが可能なほか、コスト面でもメリットがある。

 サイト構築の料金は1500万円~。最短3カ月での構築が可能だ。年商10億円以上のアパレル、コスメ、宝飾品などを扱う通販実施企業が主なターゲット。今後は、サードパーティとの連携も含めて、OMO関連の機能を充実させていくほか、不正注文を防ぐためのサービスを導入する予定だという。
 
成功の法則 100ヶ条 通販売上高ランキングのデータ販売