TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

セシール  フェイスブックの活用開始、海外展開の布石にも

2011年 2月17日 09:57

 3-1.jpgセシールは若年女性層向けのファストファッションブランド「ANITA ARENBERG(アニタ・アレンバーグ)」で「フェイスブック」の活用に取り組む。これまで同ブランドは、斬新なデザインや価格以上の価値を持たせた商品展開などで順調な推移を辿っているが、競争の激化などでネットからの集客効率が徐々に低下している。このため「フェイスブック」を通じた新たな顧客へのアプローチ策を目指すとともに、将来的な海外展開の布石としたい考えだ。


  「アニタ・アレンバーグ」は、ネット限定のファストファッションブランドの位置付けで展開しているもの。有店舗アパレルブランドの相次ぐネット販売参入で、競争が激化しつつある中、セシールでは、都内渋谷区に期間限定店舗を開設するほか、カタログの促進など、多角的なチャネルの方向性を探っている。
 
 無論、現在の主力はネット販売で、「ネットから新規顧客を獲得する方向性に変わりはない」(島元大輔常務執行役員)が、ブランド立ち上げ当初にインパクトのあったネット広告も効率が低下するなど、従来のネットマーケティング手法だけでは集客が徐々に難しくなっている状況。同社でも「従来とは違うアプローチの仕方を考えなければならない」(同)としている。
 
 このため、同社が取り組もうとしているのが「フェイスブック」の活用。既に他の通販事業者でも注目しているが、セシールでは、「キーワード広告の場合、対象がセグメントされてしまうが、『フェイスブック』は自分達が買って欲しい層にアプローチができる」(同)とし、すでに「アニタ」のファンページも開設しているという。特に告知を行っていないこともあり、ファンページ登録者は数十人規模という状況だが、まずは商品など「アニタ」に関する情報提供を行い閲覧者の反応を見ていく考え。
 
 「アニタ」については、将来的に海外での展開も構想しており、セシールでは全世界で5億人以上のユーザーを有する「フェイスブック」が有力なツールになる可能性があると予測。このため「今年中に海外向けの情報提供を行っていきたい」(島元常務執行役員)考えだ。


楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売