TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2024年 5月31日 12:00

花由 高校生と“廃棄花”解決へ、生徒が商品開発、既製品をアレンジ

 フラワーギフトの花由では、徳島市立高校の生徒と共同で、規格外として廃棄される生花、「ロスフラワー」を減らすため商品を開発した。生徒たちが生花産業にお

2024年 3月 7日 11:59

大手ECの誘致を加速【ANA Xの三﨑チームリーダーに聞く ANAモール初年度の成果は㊦】 広告メニューの提供も視野に

 前号に引き続き、ANAグループの仮想モールである「ANA Mall」について、運営を手がけているANA Xで同モールの責任者である三﨑経信チームリーダーに、現在の

2024年 2月29日 12:00

全日空商事など3社で新ブランド 「ANA FINDS」開始、食・バッグ・雑貨で計67商品

 全日空商事は2月20日、グループ共通の新ブランドとして「ANA FINDS(エイエヌエーファインズ)」を立ち上げ、食品やバッグ、雑貨など合計67商品を発売した。約1

2024年 2月29日 12:00

1年で100店舗を達成【ANA Xの三﨑チームリーダーに聞く ANAモール初年度の成果は㊤】 平均購買単位は1万円超を継続

 ANAグループが昨年1月末に開設した仮想モールの「ANA Mall」が1周年を迎えた。同モールの運営を手がけるANA Xによると、この2月で出店者数が100店舗を突破。

2023年12月14日 12:00

全日空商事 空港起点にブランド認知へ、グループ売店で通販商品販売へ

 全日空商事では、公式通販サイトである「ANAショッピング A―style」について、リアルも活用したブランド認知の拡大を進めておりており、ANAグループ間での連

2023年 6月29日 12:00

「2024年問題」の影響色濃く<上半期の通販業界を振り返る> 物流効率化へ取り組み着々

 2023年も半年が経過し、早くも折り返し地点を迎えた。今年は新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けが、季節性インフルエンザなどと同様の「5類」へと引き

2023年 6月 8日 12:00

楽天 父の日ギフトの期間限定店、常設店の設置も視野

 楽天グループは6月1日、丸井が運営する「マルイファミリー溝口」の2階に、仮想モール「楽天市場」の店舗が扱う父の日ギフトを体験できるショールーミング型の

2023年 5月11日 12:20

受注の約半数が食品・日用品【ANA Xの三﨑チームリーダーに聞く ANA初の仮想モール戦略は?㊤】 購買単価や客層は想定通り

 ANA Xでは、ANAグループが初の仮想モールとして開設した「ANA Mall」を運営している。2023年1月末の開業から約3カ月が経過し、新規出店状況や顧客の購買動向

2023年 4月 6日 11:00

ANAグループなど 来店でマイルが貯まる実験、11空港20店舗で、顔認証などで付与

 決済関連事業などを手がけるANA Digital Gate、全日空商事、ANA FESTA、日立製作所の4社は3月29日から、対象店舗の来店時にマイルが貯まる共同実証実験とし

2022年10月27日 11:00

ANAHDとセブン―イレブン 夜間のドローン配送実証、ネットコンビニ商品を離島で 

 ANAホールディングスとセブン―イレブン・ジャパンは10月19日~同23日まで、ネットコンビニの仕組みを活用して日没後の夜間飛行・配送を含めたドローン配送サー

2022年 9月 8日 13:15

ジャパネットホールディングスがスターフライヤーと資本業務提携、機内物販や旅行商品展開

 ジャパネットホールディングスは航空会社のスターフライヤー(=SF)と資本業務提携を結んだ。9月28日付でSF株式を持つ投資ファンドから約12億円で50万株(議決権

2022年 7月21日 12:00

コロナや円安、厳しい逆風<上半期の通販業界を振り返る> 新しい買い物体験への挑戦も

 2022年も半年が経過し、折り返しに入った。コロナの感染拡大については、依然として一進一退の状況となっており、通販業界としても人々のライフラインを支える

2022年 7月 7日 13:30

全日空商事 空港店舗商品のEC、現地の目利きで生鮮品など販売

 全日空商事では、コロナ禍で航空機の利用客数が落ち込んでいた中、全国の空港で土産物などを販売する「ANA FESTA」(画像)と連携したECを昨年から本格展開して

2022年 6月30日 13:00

全日空商事 オリジナル商品が好調、航空機部品やコラボ商品が完売

 全日空商事では、前期のEC事業売上高が大幅に拡大しており、前年比で約2割増収の71億円となった。ほぼすべての商品カテゴリーで前年度を上回っており、中でもA

2021年12月16日 14:30

全日空商事 機内食販売が125万食突破、F1層の新規開拓にも狙い

 全日空商事ではオリジナル商品が堅調に推移しており、今上期についてはANAグループで食品事業を展開するANAケータリングサービスが手がけた機内食がヒットして

成功の法則 100ヶ条 通販売上高ランキングのデータ販売