TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ベルーナ 「訳ありワイン」を販売、値引き理由を明記

2010年 1月28日 19:47

 ベルーナは1月20日、ワインのアウトレット販売を開始した。ラベルが破れたワインや、セット販売の際に入荷数が揃わず、余ってしまったワインなどの「訳あり商品」をカタログとネット販売で取り扱う。高級ワインも含め、ワインセット24種類を、最大四六%の値引きで販売する。デフレ傾向が強まる中で訳あり商品の人気が高まっている。値引きの理由を明記した上でアウトレット販売を行い、低価格志向の消費者の需要を取り込む狙いがある。

 同日に発行したカタログ「マイワインクラブ」の春号と、同名のワイン専門の通販サイトで販売する。取り扱うのは、輸送中のトラブルなどでラベルやボトル、キャップシールなどが痛んだパッケージ不良の商品や、セット販売の際に入荷数が揃わず、単独で販売するには数量が足りない「端数在庫」。これまでこうした商品は福袋の中身やイベントの際などに活用していた。

 昨今の訳あり商品ブームを受けて、ネットでテスト的にアウトレット販売を行ってきたが、需要が見込めると判断し、カタログでの取り扱いを決めた。

 値引き率は23―46%。「プレミアムワイン」「ワインセット」「甘口ワインセット」「フルーツ系ワイン・リキュール」の四つに分類し、24種類を数量限定で用意した。格付け第1級シャトーの「シャトー・ラトゥール」などの高級品も取り扱う。

 カタログでの販売がメーンとなる見込み。同社では「お買い得な理由を明記することで、消費者に納得して購入してもらいたい」(経営企画室)としている。
楽天 通販売上高ランキングのデータ販売