TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

アテニア 健食の提案強化へ、機能性表示食品制度を活用

2020年 7月 2日 10:14

 アテニアが機能性表示食品制度の活用を進める。「内外美容」の提案を強化。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、生活習慣の改善など消費者の健康意識も高まりをみせており、健康領域の商品ラインアップの見直しも進めていく。
 









 6月16日に、ダイエット訴求の機能性表示食品「カロリシェイプ」(=画像、税込1563円)、関節対応の同「かんせつスマート」(同2695円)を発売した。グループのファンケルの知見を活かし、処方設計。機能性評価は、いずれも臨床試験で確認した。価格は、化粧品事業の「一流ブランドの品質を、3分の1価格で提供する」という理念を踏襲し、安価に抑えた。

 健康食品は、新商品を含め、38商品をラインアップする。主要顧客層は、40代が中心の化粧品より高めの50代以降。今回のリニューアル前の関節対応の健食や、DHA、コラーゲン配合の健食の人気が高かった。ただ、化粧品に軸足を置いており、これまで積極的にフォーカスしてこなかった。売上構成比も低かった。

 新型コロナの影響で顧客の健康意識も高まっており、40代を境にライフスタイルが変化する女性層も少なくない。健食の提案を強化することで中高齢層が感じる体の不調などの悩みに応える。既存顧客を中心に新商品の検証を進め、機能性表示食品制度の活用拡大も検討する。

 「カロリシェイプ」は、機能性関与成分として、「茶花サポニン」「桑の葉イミノシュガー」「キトサン」を配合。「糖や脂肪の吸収を抑える」といった機能を表示する。「かんせつスマート」は、「プロテオグリカン」「Ⅱ型コラーゲン」を配合。「ひざ関節の違和感を和らげる」といった機能を表示する。
 
楽天 大型物流センター「SLCみらい」 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査