TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2024年 5月 9日 12:00

三井不動産 EC事業者向け新サービス、店舗出店と物流業務を支援

 三井不動産は4月中旬、統合コマースプラットフォーム「ecforce(イーシーフォース)」を手がけるSUPER STUDIO(スーパースタジオ)と共同で、EC事業者向けに店舗

2024年 4月11日 12:00

アイ・エヌ・ジー・ドットコム  ライブコマースを開始、短尺の動画広告も作成、2段階で顧客獲得

 コールセンター事業などを行うアイ・エヌ・ジー・ドットコムは4月より、ライブコマースの新サービスとして「ブレインメーカー」の提供を開始した。ライブ配信

2024年 2月 1日 12:00

東急百貨店 訪日客にECで日本酒販売、ロッカー型自販機で受け取り

 東急百貨店は1月18日、訪日旅行客向けのサービスを手がけるWAmazing(ワメイジング)と連携し、同社が展開する免税対応のロッカー型自動販売機を活用したオンラ

2023年11月30日 12:00

アイ・エヌ・ジー・ドットコム SNSとコールの連携販促、芸能人起用の広告制作も提案

 コールセンター事業などを手がけるアイ・エヌ・ジー・ドットコムでは、専門企業と連携する形でSNSやウェブ広告などの販促支援メニューの拡充を図っている。既

2023年11月30日 12:00

アイスタイル アマゾン内に化粧品販売ページ、「@cosme SHOPPING」、高級ブランド中心に品ぞろえ

 化粧品などのくちコミサイト「@cosme」などを運営するアイスタイルは11月22日、アマゾンジャパンの運営する通販サイト内に化粧品などを販売する専用ページ「@c

2023年11月30日 12:00

LINEヤフー 利用者情報30万件漏えい、「LINE」の利用履歴など、取引先・従業員の情報も流出

 LINEヤフーは11月27日、サーバーが不正アクセスを受けて、展開する「LINEアプリ」の利用者の個人情報など約30万件が流出した可能性があると発表した。現時点で

2023年 9月14日 12:00

イーベイジャパンの「Qoo10」、生配信の交流でファン化【Z世代を捉える! マーケティングの勘所㊦】 次は「アルファ世代」に注目

 前号に引き続き、イーベイジャパンが運営する仮想モールの「Qoo10」において、メインターゲットとするZ世代の取り込み手法などを検証していく。今回は、ライブ

2023年 7月20日 12:00

EC企業へのOMO支援加速 楽天グループとスーパースタジオ

 コロナ禍を経て、実店舗回帰への動きが強まっている。EC企業にとって、実店舗やリアルでのイベントは、自社のブランドや商品を知ってもらう貴重な場であるとと

2023年 6月29日 16:20

SCSKプレッシェンドとダイアモンドヘッド リングブルと業務提携 グローバルECを一気通貫で支援

 SCSKのグループ会社であるSCSKプレッシェンドおよびダイアモンドヘッドは6月29日、グローバルECプラットフォームを手がけるLingble(リングブル)と同月7日にグ

2023年 3月23日 10:59

【SCSKプレッシェンドの松﨑敏之執行役員が語る EC支援事業の強みと今後】 各ステージのEC課題を解決 オペレーション支援も強化へ

 SCSKプレッシェンドは、スタートアップからエンタープライズ企業まで、導入先のステージや状況に応じてEC事業の課題解決を提案できるのが強みだ。SCSKグループ

2022年 9月15日 13:15

「くちコミ」の価値<アマゾンが「アイスタイル」に資本参加> SEO対策などPF間競争優位に

 アマゾン・ドットコムが化粧品のくちコミサイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルと資本業務提携を締結した(本紙1858号既報)。アマゾンは、「ア

2022年 9月 1日 13:00

アダストリア OMO店舗でスタイリング診断、ミラー型サイネージを活用

 大手アパレルのアダストリアは8月31日、自社通販サイト「ドットエスティ」と連携したOMO型店舗「ドットエスティストア」の5店舗で、イメージコンサルタントの

2022年 8月18日 12:30

米アマゾン アイスタイルの筆頭株主へ、140億円を出資、化粧品EC強化で

 米アマゾン・ドットコムは化粧品などのくちコミサイト「@cosme」などを運営するアイスタイルが実施する第三者割当による新株予約権などを通じ最大で約140億円

2022年 6月23日 13:00

消費者意識の高まり右肩上がり<エシカル消費への対応と現状> 仮想モール、事業者とも展開強化

 社会的課題に配慮している事業者の商品やサービスを購入して応援するいわゆる「エシカル消費(倫理的消費)」に着目して積極的に当該商品の品ぞろえや販売を強化

2022年 4月14日 13:15

アマゾンジャパンが防犯カメラ販売でサブスクサービス開始、来訪者の様子などの動画を60日間クラウドに保存し閲覧可能に

 アマゾンジャパンが防犯カメラに付随した新たなサブスクリプションサービスを開始した。4月13日から、スマートフォンなどと連動して来訪者らの様子をリアルタ

成功の法則 100ヶ条 通販売上高ランキングのデータ販売