TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

LINEの戦略発表会 独自スコアで特典提供、決済で「d払い」連携も

2019年 7月 4日 13:45

 LINEは6月27日、千葉・舞浜で戦略発表会「LINEカンファレンス2019」を開催した。独自のスコアリングサービスを始めたほか、決済サービスではNTTドコモの「d払い」が、LINEの子会社らが進める決済アライアンスに加盟。音声認識などAI技術を外部企業向けに提供することも発表した。

                          ◇

 LINEは6月27日付で独自のスコアリングサービス「LINEスコア」を開始。すべての「LINE」ユーザーが利用可能で、個別のスコアの値によってキャンペーンや特典などを提供する。

 LINEが保有するデータに加え、ユーザーが回答する属性情報などを掛け合わせ、独自のスコアを算出。100~1000点の範囲で算出されたスコアに合わせてユーザーに特典やキャンペーンを提供する。

 キャンペーンを提供する企業としてシェアリングやサブスクリプションサービスを展開する企業と連携。オイシックス・ラ・大地やストライプインターナショナル、家具レンタルのサブスクライフなどが参加する予定で、LINEでは特典を提供する企業を募集している。

 カンファレンスでは、決済サービスを行う子会社のLINEペイがメルペイとともに設立した「モバイル・ペイメント・アライアンス(MoPA)」に「d払い」を展開するNTTドコモが参画することを発表した。

 3社の決済サービス「LINEペイ」「メルペイ」「d払い」いずれかの決済が使える店舗では、ユーザーはどのQRコード決済でも支払うことができるようになる。

 店舗側はいずれかのサービスのQRコードを設置するだけで、3つの決済サービスを取り扱うことが可能。導入時の負担軽減や、潜在的利用者の獲得などの利点があるという。

 MoPAは今年3月にLINEペイとメルペイが業務提携して始まった加盟店アライアンスで、すでに一部のエリアで営業連携を始めている。

 広告面では「LINE」のトーク画面の最上部に広告を表示できる「スマートチャネル」での情報配信を進めてきたが、動画配信機能を今秋にもリリースする。ユーザーが表示されたバナーをタップすると、画面が拡大して動画コンテンツを配信するというもの。

 また、10月にはチラシやダイレクトメール(DM)をパーソナライズして配信する「LINEチラシ」を始める。配信したチラシは「LINE」のタイムラインやスマートチャネル、LINEウォレットから確認できる。

                           ◇

 AIアシスタント「クローバ」などで培ったAI技術を外部企業に展開する「LINEブレイン」事業も開始する。

 7月からAIチャットボット「LINEブレインチャットボット」や文字認識技術「LINEブレインOCR」のほかに、音声認識技術「LINEブレインスピーチトゥテキスト」の販売を順次始める。コールセンターのリアルタイム音声自動応答や長文書き越こしなどにも対応できることから、オペレーターの支援や議事録の書き起こしなどに活用が期待できるとしている。

 カンファレンスの最後には、7月から検索サービス「LINEサーチ」を開始すると発表。チャットや公式アカウント、タイムラインを検索できる「コミュニケーションサーチ」と、LINEニュース、LINEマンガ、LINEミュージックなどの「コンテンツサーチ」の2種類の検索が可能になる。このほかにカテゴリーごとに人気のインフルエンサーを検索できる機能なども搭載する。

 9月以降をメドに専門家を検索し、相談や依頼ができる1to1プラットフォーム「LINEアスクミー」を始める。弁護士ドットコムと組み、弁護士に相談できるサービスなどを展開し、今後ジャンルを拡大していく。
 
リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査