TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2019年 6月20日 15:00

<相次ぐ行政訴訟> ライフサポートが消費者庁を提訴、景表法措置命令の取消求める

 ライフサポートが6月3日、景品表示法に基づく措置命令の取り消しを求め、大阪地裁に消費者庁を提訴した。今年3月、販売するおせちについて、不当な二重価格表

2019年 5月30日 13:15

【揺れる景表法⑧ 「打消し表示」禁止令】 広告の自由奪う規制、消費者庁裁量で「無効」を判断

 景品表示法違反とならないための事業者側の取り組みが「打消し表示」だ。品質やサービスを広告で強調した際、例外条件等を示すことで消費者の誤認を防ぐものだ

2019年 4月25日 13:20

【揺れる景表法④ 「言葉狩り」の誘惑】 “暗示”も規制対象、「不実証」適用、歯止めなき拡大

 核兵器並みの威力と影響力を有する「不実証広告規制」。運用当初は、「表現の自由」との兼ね合いで抑制的な使われ方であった。だが効率的かつ迅速な取締りの誘

2019年 4月 4日 14:10

【揺れる景表法① 表現の自由との相克】 「三権」で問題指摘の異常事態、「恣意的運用」と各所で火の手

 景品表示法が揺らいでいる。消費者庁の運用のあり方が、国を司る三権「立法」「行政」「司法」それぞれの場で問題視されている。景表法の運用をめぐり、ここま

2019年 3月25日 14:45

消費者の景表法運用 野党議員が「質問主意書」、「萎縮招く」恣意的運用を問題視

 また、景品表示法の運用を”恣意的だ”と批判する者が現れた。声をあげたのは、立憲民主党の岡島一正衆議院議員。3月8日、政府に対し、景表法の運用

2019年 2月28日 13:20

【アマゾンの処分取消訴訟】 訴訟もグローバル、景表法の立証実務に影響も

 景品表示法や独占禁止法の処分をめぐる行政訴訟で「経済分析」の活用が進む可能性がある。消費者庁による措置命令取り消しを求めたアマゾンジャパンが、法廷で

2019年 2月21日 16:45

「歩行能力の改善」問題収束へ、厚労省が薬機法規制で見解

 機能性表示食品の「歩行能力の改善」問題が収束に向かうことになりそうだ。2月13日、日本通信販売協会の「サプリ塾」で、厚生労働省の担当官は、届出表示の一

2019年 2月 7日 13:15

だいにち堂VS消費者庁 「表現の自由」侵害を指摘、「暗示」規制で企業活動に制約

 「表現の自由」に反する。景品表示法をめぐる健康食品の処分取消訴訟。だいにち堂が第2ラウンドで繰り出したのは、消費者庁による日本国憲法の「侵害」だ。

2018年12月13日 13:15

読者と選ぶ2018年10大ニュース 1位は「ゆうパック値上げ」

 2018年も残すところあとわずか。通販業界では今年も様々なニュースが駆け巡った。昨年に引き続き、今年も配送費の値上げが最大の関心ごととなっており、コスト

2018年12月 6日 13:15

規制改革推進会議が問題視、景表法“いびつな”運用、処分の基準、説明迫る

 判断基準があいまいな景品表示法の運用にメスが入った。政府の規制改革推進会議が成長戦略と逆行する運用を問題視。処分に対する事業者側の「予見可能性」が低

2018年11月22日 10:52

消費者庁「反論書面」から発覚 「4・13事務連絡」再来か、個別表現挙げ「目」を暗示

 だいにち堂が消費者庁を相手取り、行政処分の取り消しを求めた訴訟は10月31日、東京地裁で第1回公判が開かれた。だいにち堂は、処分当初から消費者庁の景

2018年11月15日 13:30

【だいにち堂VS消費者庁】 「不実証」適用は妥当か、個別表現の"優良性"争点に

 健康食品の表示規制の今後を占う裁判が始まった(本紙1674号既報)。10月31日、東京地裁では、だいにち堂が消費者庁を相手取り、行政処分の取り消しを

2018年10月11日 11:28

忍びよる"言葉狩り"の影<だいにち堂、消費者庁を提訴> 健食表示規制、左右する訴訟に

 「目の健康」に関する健康食品の表示をめぐり、だいにち堂が行政処分の取り消しを求め消費者庁を提訴した。一般的に、行政訴訟における国の勝率は9割。対する

2018年10月11日 11:28

忍びよる"言葉狩り"の影<だいにち堂、消費者庁を提訴> 健康表示規制

 「目の健康」に関する健康食品の表示をめぐり、だいにち堂が行政処分の取り消しを求め消費者庁を提訴した。一般的に、行政訴訟における国の勝率は9割。対す

2018年 9月27日 10:19

だいにち堂VS消費者庁 「不実証」適用は違法か? 過去判例でも"適法"の判断

 だいにち堂は今年8月、消費者庁を相手取り、東京地裁に景品表示法の処分取り消しを求め提訴した。注目される争点は、広告の「表示」と「根拠」の整合性に加え

楽天にお店をひらきませんか? リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査