TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

再配達率の改善期待

2020年 6月25日 07:41

 ヤマト運輸が非対面の受け渡し(置き配)に対応する新配送「EAZY(イージー)」を開始した。これまで正式に行っていなかった同社が取り組むことで、置き配が急速に広まる可能性がある。

 一部の通販企業や大手仮想モールなどが取り組んできた置き配は、自前配送や日本郵便の配送に限られていた。佐川急便も置き配を既に開始し、今回のヤマトが加わったことで再配達という問題が改善されることになるのではないか。

 今年度は国土交通省が再配達率を13%まで削減するとの目標を設定している年。大手宅配がいずれも置き配を行うことになった意義は大きい。
 
楽天 大型物流センター「SLCみらい」 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査