TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

青汁ブームの次

2024年 2月29日 12:00

 新日本製薬は、化粧品に続く柱の育成で長年、ヘルスケア事業の拡大に臨んできた。上場来、事業は減収だが、22年9月期に増加に転じた。今期は22%増の52億円を計画。けん引するのが青汁だ。

 青汁市場は、ブームが長く続かない。キューサイ、テレビショッピング研究所、乳酸菌配合でシニア層を開拓した世田谷自然食品、若年層向けにダイエット訴求したメディアハーツ(現ファビウス)など主要プレーヤーが数年単位で変わる。

 ただ、青汁でヘルスケア事業の足がかりを掴んだのは間違いない。今後、得た知見の横展開で事業拡大を図るとしており、次の一手が注目される。
 
成功の法則 100ヶ条 通販売上高ランキングのデータ販売