TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

消費者庁 グローアスに措置命令、“シミ消し”など5商品に優良・有利誤認

2019年 4月 4日 13:20

 消費者庁は3月28日、健康食品や美容関連商品の通販を行うGrowas(=グローアス)に景品表示法に基づく措置命令を下した。”シワ取りクリーム”と称する化粧品や健食、加圧シャツなど5商品をめぐる表示について、シミの解消や痩身効果など「優良誤認」の認定を受けた。また、「有利誤認」も認定された。グローアスは、今後の対応について、「改善策や今後の販売について消費者庁と相談中」としている。

 指摘を受けたのは、「アルバニアSPホワイトニングクリーム」(シワ取りクリーム)、「クレンズスプラッシュ」(粉末飲料)、「バブリアボディ」(ボディローション)、「ノンファットタイム」(サプリメント)、「ウルトラシックス」(加圧シャツ)の5商品。「Shopping Mall」や「Girls Lab」、「美健工房」などの名称で展開する自社サイトで販売していた。

 「アルバニアー」では、「瞬間シミ消しクリーム」(=画像)、「20年悩んでいたシミが跡形もなく消滅」などと表示。短期間で容易にシミを解消・軽減するとともに、肌本来の色を広くするかのように示す表示を行っていた。

 「クレンズスプラッシュ」は、「激痩せジュース」、「ただ飲むだけで身体が一切カロリーを受けつけない上、リバウンド不可能な体質を作りあげる」「何もせずに痩せていく」などと表示。商品を摂取するだけで容易に著しい痩身効果が得られるかのように示す表示を行っていた。ほかに「バブリアボディ」「ノンファットタイム」でも痩身効果を、「ウルトラシックス」では、「着るだけでシックスパック」など筋肉増強効果や痩身効果が得られるかのように示す表示を行っていた。

 また、「通常価格1万2000円(税別)↓予約販売限定(500本のみ)3800円(税別)」(「アルバニア―」の表示)など、自ら設定した販売実績のない通常価格(比較対照価格)を使った不当な二重価格表示も行っていた。根拠不明なメーカー希望小売価格なども使い複数商品で行っており、「有利誤認」も認定された。

 消費者庁は不実証広告規制に基づき、表示の裏付けとなる合理的根拠を要求。グローアスは根拠資料を提出しなかった。

 表示期間は、加圧シャツを除く4商品で、昨年3月から11月末の間の計約2年間。加圧シャツは少なくとも17年5月25日、同11月29日に表示を行っていた。

 グローアスは、「処分を受け止め、今後の改善策を消費者庁、外部の専門機関と相談している。販売継続の判断も、消費者庁との相談を踏まえ検討する」としている。

 
リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査