TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2024年 2月 8日 12:00

楽天など3社 「みちびき」使った飛行実験、ドローンへの妨害電波対策

 楽天グループと位置管理サービスのコア、国産産業用ドローン開発のACSLは2月6日、日本版GPSとなる「準天頂衛星みちびき」を活用した国産ドローンの実証実験を

2023年 5月25日 00:00

エキスパートが教えるEC物流最前線【第2回】

  「物流2024年問題」が1年後に迫っている。ドライバーの賃金アップのため、配送業者が荷主や利用者に転嫁することによる運賃値上げが懸念されており、EC事

2023年 3月30日 11:00

23年度からドローン配送を実用化へ<日本郵便、「レベル4」が成功> 郵便局間の輸送にも

 日本郵便が3月24日、東京・奥多摩町でのドローンによる荷物配送において第三者上空(有人地帯)を含む飛行経路での補助者なし目視外飛行(「レベル4」)を成功させ

2023年 1月26日 11:00

配送力の強化、効率化の一手は<物流の2024年問題に挑む通販各社の取り組み>

 燃料高や人件費高騰などを受けて、物流コストが上昇を続けている。店舗を持たずに小売りを行う通販実施企業にとって配送は必須であり、それゆえに物流コスト高

2022年11月25日 11:00

楽天 ロボット配送が実用段階へ、つくば市で対象世帯2.5倍に

 楽天グループは11月19日、茨城県つくば市で自動配送ロボット(UGV)を活用した定常的な配送サービスの提供を開始した。今年5月から期間限定で提供してきたサービ

2022年10月27日 11:00

ANAHDとセブン―イレブン 夜間のドローン配送実証、ネットコンビニ商品を離島で 

 ANAホールディングスとセブン―イレブン・ジャパンは10月19日~同23日まで、ネットコンビニの仕組みを活用して日没後の夜間飛行・配送を含めたドローン配送サー

2022年 6月 2日 13:00

楽天 つくば市でロボット配送、生鮮品を自宅まで30分で

 楽天グループとパナソニックホールディングス、西友は5月26日、茨城県つくば市において、自動配送ロボット(UGV)の公道走行による配送サービスのデモンストレー

2022年 3月31日 13:30

楽天と日本郵政 北海道と包括連携協定、配送効率化やドローン活用検討

 楽天グループと日本郵政、北海道は3月29日、道における地域課題の解決に向けたデジタル実装の推進、地域創生の取り組みなどで連携・協力するため、包括連携協

2022年 1月13日 11:30

JP楽天ロジスティクス 高層マンションにドローン配送、千葉県で実証実験

 楽天グループと日本郵便の合弁会社JP楽天ロジスティクスは昨年12月1日~16日、千葉市内の高層マンションへのドローン配送の実証実験行った。同社によれば、都

2021年 6月24日 12:30

「urutere」 「テレビCMの力、最大に」、放送とネット広告組み合わせ、費用対効果の可視化も

 通販支援事業を行うトライステージのグループで、ネット広告事業などを展開するアドフレックス・コミュニケーションズが今夏から本稼働を始めるテレビCMと検索

2021年 6月24日 12:30

日本郵便、ACSLと業務提携、有人地帯でのドローン飛行に向け

 日本郵便、日本郵政キャピタル、産業用ドローン国内最大手の自律制御システム研究所(=ACSL)は6月15日、郵便・物流領域でのドローンの実用化に向け業務提携契約

2021年 3月25日 13:10

楽天 ロボットでスーパーから宅配、横須賀市の公道を走行

 楽天と西友は3月23日、神奈川県横須賀市内において、自動配送ロボット(UGV)を使って西友店舗で扱う商品を配送するサービスを開始した。UGVがスマートフォンな

2021年 2月 4日 13:10

仮想モール“配送力”強化へ、カギにぎる出店者の配送レベルの底上げ支援、大型キャンペの展開、物流代行強化など

 大手仮想モール各社が”配送力”の強化に本腰を入れている。単独の通販サイトとは異なり、出店するEC事業者の集合体である仮想モールが全体で配送力

2021年 1月14日 13:30

楽天と日本郵便 物流デジタル化推進、開かれた物流の仕組み構築

 楽天と日本郵便は昨年12月24日、物流事業で戦略的提携を結ぶと発表した。日本郵便が持つ全国の物流網や荷物とデータ、楽天が有する仮想モール「楽天市場」での

2019年12月12日 13:40

読者と選ぶ 2019年10大ニュース 1位は「物流コスト上昇」

 2019年もまた前年に引き続き、物流コストの上昇が大差で1位となった。トップ10の内、実に物流関連の話題は4つもランクイン。通販企業にとっては事業を行う上で

楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 通販売上高ランキングのデータ販売