TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

全商品ARTICLE

2019年 1月31日 13:10

ファンケル美白ライン 「内外美容」で差別化、来期2割増の売上目指す

 ファンケルが美白ラインを刷新する。化粧品、健康食品の研究開発力で強みを持つことを活かし、「内外美容」を打ち出すことで他社の美白関連製品と差別化を図る

2018年10月11日 09:47

ファンケルの「えんきん」 潜在層獲得へ「表示」追加

 ファンケルが主力の機能性表示食品「えんきん」をリニューアルする。目の健康を意識し始めた潜在層の獲得を視野に、コミュニケーション戦略を転換。従来から行

2018年 9月 6日 09:43

ファンケル 環境への取組強化、化粧品容器でエコ推進

 ファンケルが環境への取り組みを強化している。今年6月、に策定した「サステナブル宣言」では、重点テーマの一つに環境への配慮を掲げた。化粧品に使う容器に

2018年 9月 6日 09:43

ファンケル 環境への取組強化、化粧品容器でエコ推進

 ファンケルが環境への取り組みを強化している。今年6月、に策定した「サステナブル宣言」では、重点テーマの一つに環境への配慮を掲げた。化粧品に使う容器に

2018年 7月 5日 09:42

【ファンケルの若山和正取締役に聞く 健康食品事業の成長戦略】 ライトユーザー獲得強化、コア層には「パーソナルサプリ」提案へ

 機能性表示食品制度の導入以降、ファンケルの快進撃が続く。前期(2018年3月期)の健康食品事業の売上高は前年比12%増の359億円と好調に推移してい

2018年 6月14日 09:39

ファンケル 主力スキンケアを刷新、「機能」「効果感」の訴求強化

 ファンケルが主力スキンケアをリニューアルする。長年培ったコラーゲン研究の最新知見を処方に反映。肌内部の複数のコラーゲンの働きをコントロールすることで

2018年 5月17日 09:48

ファンケルの機能性食品 "第 3の柱"育成へ、「えんきん」は再成長へテコ入れ

 ファンケルが、機能性表示食品の販売を強化する。昨年6月に発売した「内脂サポート」を「カロリミット」「えんきん」に続く第3の柱となる商品に育成。今期(

2018年 4月 5日 09:42

ファンケル 30代女性向け新ブランド、スマホ世代の肌トラブルに着目

  ファンケルが30代向けの化粧品新ブランドを立ち上げた。スマートフォンなどから発生するブルーライトの影響でおこる肌の乾燥をケアする独自処方の成分

2018年 3月29日 10:04

ファンケル中期経営計画 3年後に売上高1260億円、ブランド多角化で海外展開も加速

 ファンケル3年後に1260億円の売り上げを目指す。化粧品はブランドを多角化、健康食品はパーソナルサプリメントの発売による独自市場の創造に成長力を求め

2018年 3月 1日 09:46

ファンケル 商品の育成強化へ、コラーゲン過去水準の売上に

 ファンケルが健康食品事業で「カロリミット」「えんきん」シリーズに続く商品の育成を強化する。まず育成を目指すのは、2シリーズに続く売上規模にあるコ

2017年10月19日 10:29

ネスレ日本 ファンケルと共同プロジェクト、

 ネスレ日本とファンケルが栄養・健康分野で共同プロジェクトに取り組む。ネスレが展開する「ウェルネス アンバサダー」向けのカプセル製品を共同で開発。10

2017年10月 5日 10:39

ファンケル 法人向け事業を強化、「社員食堂」の健康メニュー提供

 ファンケルが自社のブランド力を強みに「社員食堂」の外販に乗り出す。法人向け健康事業の一環として展開するもの。社員食堂の展開ではすでに健康機器を扱うタ

2017年 9月 7日 10:46

ファンケルとダイドードリンコ、「緑茶」を共同開発

ファンケルとダイドードリンコが共同開発した緑茶飲料を販売する。昨年11月に発売した「はとむぎブレンド茶」が好調だったことから第2弾として展開するもの。

2017年 5月25日 09:57

ファンケル 1000億の大台突破へ、チャネル戦略を転換

 ファンケルは中期経営計画の最終年度となる今期(2018年3月期)、07年以来となる売上高1000億円の壁に挑戦する。チャネル戦略を転換。カタログ依存

2017年 5月11日 10:57

ファンケル 機能性表示食品で今期150億円の売り上げ目指す

 ファンケルは今期(2018年3月期)、主力の機能性表示食品で150億円超の売り上げを目指す。「えんきん」「カロリミット」などヒット商品のシリーズ化を

通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査