TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2020年 8月 7日 11:30

ヘルスケア表示 拱手の代償① アフィリエイト、大混乱

「何人規制」発動に業界震撼  サプリメントのアフィリエイト広告が激減している。コロナ禍によるものではない。大阪府警による薬機法違反事件の取締りの影響

2020年 8月 6日 10:31

定期購入の規制強化<消費者庁、特商法を改正へ> 誤認表示厳罰化も影響限定的か

 消費者庁が定期購入の新ルールを定める。「初回無料」などとうたい、複数回の継続を要件とする、いわゆる”定期縛り”の規制を強化。誤認を招く表示

2020年 7月30日 11:14

家電やメーカー通販の状況は<注目ジャンル別通販売上高ランキング>

 通販新聞社は7月、「第74回通販・通教売上高ランキング調査」を実施し、売上上位300社の通販売上高を調査し、ランキングを発表した(前号第1760号参照)。当該ラ

2020年 7月23日 13:13

4.5%増の7.9兆円に<第74回通販・通教売上高ランキング 本紙調査 上位300社> 成長基調も市場は寡占化 

 通販新聞社が7月に行った「第74回通販・通教売上高ランキング調査」は、上位300社の合計売上高が前回調査比4・5%増の7兆9351億円だった。市場は、引き続き成長

2020年 7月16日 07:21

「広告」はJADMAと日健栄協<「事後チェック指針」の相談窓口設置>  会員、非会員問わず応対へ

 消費者庁による機能性表示食品の「事後チェック指針」の運用開始を受け、日本通信販売協会(=JADMA)をはじめ各団体は相談窓口を設置した。いずれの団体も会員、

2020年 7月 9日 10:15

消費者庁、制度育成に舵<機能性新ルール、運用始まる> 取締り回避のスキーム構築

 機能性表示食品の新ルール運用が始まった。消費者庁は、表示対策課に「ヘルスケア表示指導室」を新設。取締りから事前の「指導」に舵を切る。エビデンスや広告

2020年 7月 2日 07:50

消費者庁の特商法検討会 「定期」規制、最優先課題に、表示ルール化、大半が支持

 消費者庁の特定商取引法等の見直しに関する検討委員会(委員長=河上正二東京大学名誉教授)は、6月29日の第4回会合で「定期購入」の規制に向けた規制の検討を本

2020年 7月 2日 07:50

コロナでEC化加速<上半期の通販業界を振り返る> 巣籠り需要獲得、置き配も拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界規模での激動に見舞われた2020年。早くも上半期が経過した。リアルでの小売り活動が縮小する中、通販業界やその周辺

2020年 6月25日 07:40

埼玉県 夢グループに措置命令、マスクで有利誤認、「不服申立を検討」

 埼玉県は6月11日、夢グループ対し、景品表示法に基づく措置命令を下した。販売する衛生マスクの表示で、有利誤認を認定。夢グループは、「不服申し立てなど対

2020年 6月11日 07:33

北の達人「不競法差止訴訟」 LINE広告は和解、はぐくみプラスが謝罪し消費者庁に報告

 北の達人コーポレーション(以下、北の達人)が、はぐくみプラスに不正競争防止法に基づく表示の差し止めを求めていた訴訟は6月4日、東京地裁で和解が成立した。

2020年 5月21日 11:45

消費者庁、措置命令を撤回<処分事実、認定に誤り> 「制度上起こりうる」と理解求める

 消費庁が5月15日、1年前に行った措置命令を撤回した。健康食品通販を行うユニヴァ・フュージョンに対するもの。違反認定した不当表示の「表示期間」に誤りがあ

2020年 5月20日 10:10

消費者庁 メイフラワーに措置命令、洗浄ジェルアルコール濃度不足

 消費者庁は5月19日、化粧品や健康食品等の輸入・卸、自社通販を行っていたメイフラワーに対し、景品表示法に基づく措置命令を下した。販売していた手指用洗浄

2020年 5月14日 11:49

景表法19年度速報 国の措置命令40件、「通販」が半数、「痩身効果」2割

  2019年度の国の景品表示法に基づく措置命令件数は、36社に対する40件だった。通販関連は、17社で半数を占めた。消費者庁の創設以降、過去最高の執行件数

2020年 5月 1日 13:30

不思議な「あたかも認定」【暗示のレンジ 景表法の範囲を問う④】 「パンドラの箱」開けた地裁判決

 景品表示法での処分をめぐる消費者庁とだいにち堂の司法の場での係争。暗示への規制強化や不実証広告規制の運用が争点となり、影響は業界全体へと広がる。第二

2020年 4月23日 12:31

司法戦術のワナ【暗示のレンジ 景表法の範囲を問う③】 判決を誘導する手法も

  消費者庁が進めてきた不実証広告規制での景品表示法の積極運用。「ボンヤリ」「すっきり」など暗示の範囲にまで根拠を求める取締り処分に、だいにち堂は

楽天 大型物流センター「SLCみらい」 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査