TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2021年12月 2日 13:00

広告主への執行強化<アフィリエイト広告規制> 「供給主体性」解釈明確化で厳正対処

 消費者庁は、「アフィリエイト広告」の規制をめぐる検討で、広告主の責任の周知を図り、景品表示法の執行を強化する。販売者・製造者にとどまらない、商品・サ

2021年12月 2日 13:00

消費者庁、BIZENTOに3カ月業務停止、申込画面の販売条件表示違反で

 消費者庁は11月25日、健康食品等の通販を行うBIZENTOに特定商取引法に基づく3カ月の業務停止を命じた。代表取締役の関口氏個人を対象に、同期間の業務禁止も命

2021年12月 2日 12:58

【トクホ 終わりの始まり17.エコナ油.大炎上③】

騒動の外縁をめぐる点と点  配合成分に発がん性の懸念がにわかにクローズアップされ、1カ月あまりで特定保健用食品制度(トクホ)の自主失効に追い込まれた花

2021年11月25日 12:15

健食通販市場、3.2%増<20年度健康食品通販売上高ランキング> 上位100社総計6700億円、コロナ禍の健康志向の高まり追い風

 通販新聞社が行った2020年度の「健康食品通販売上高ランキング調査」は、上位100社の売上高総計が前回調査比3・2%増の6752億8600万円だった。機能性表示食品制

2021年11月25日 12:15

消費者庁 「インスタ投稿」に措置命令、アクガレージなど投稿内容を指示

 インスタグラムの投稿を対象に、景品表示法に基づく初の措置命令が下された。消費者庁は11月9日、アクガレージとアシストの2社の広告を対象にしたもの。両社は

2021年11月 5日 13:00

不当表示、団体訴訟対象に<「広告=勧誘」の圧力増す> 景表法、責任追及の“四重苦”も

 広告を「勧誘」とみる流れが強まっている。今年10月、消費者庁がまとめた消費者団体訴訟制度の報告書において、景品表示法の広告を「消費者契約に関連する行為

2021年10月28日 13:00

指針の「法規範性」判示【Cネット東海差止訴訟の影響③】 「直ちに違法と評価されない」

 ガイドライン(指針)に法規範性はない。消費者被害防止ネットワーク東海(=Cネット東海)とファビウスの差止請求訴訟では、名古屋高裁は行政が示すガイドラインの

2021年10月28日 13:00

【トクホ終わりの始まり 16.エコナ油、大炎上②】

政権交代後の混乱  特定保健用食品制度(トクホ)を揺るがした2009年の花王「エコナ」騒動。含まれる成分に発がん性が疑われることがクローズアップされ、問題

2021年10月21日 13:00

「また違反行為する」【Cネット東海差止訴訟の影響】 主張に「独善」を懸念する声

 「今後も(違反行為を)行うおそれがある」。消費者被害防止ネットワーク東海(=Cネット東海)は、訴訟の中でファビウスをこう断じた。判決で退けられたが、主張は

2021年10月14日 12:59

【トクホ 終わりの始まり 15.エコナ油、大炎上①】

地に落ちた成功事例  2009年9月。熱狂に包まれて、民主党政権が誕生する。ほぼ同タイミングで消費者行政の司令塔となる消費者庁が発足する。この直後に特定

2021年 9月30日 13:00

【トクホ 終わりの始まり 14.「定番」と「飲料」の景気②】

「何でも難デキ」の功と罪  2005年特定保健用食品制度(=トクホ)改正で登場した「規格基準型」。既に許可を受けた成分と表示について、審査を緩和する仕組み

2021年 9月23日 08:00

公取協連合会 景表法の資格試験導入、 消費者庁「26条運用の一つの指標」

 全国公正取引協議会連合会は9月、景品表示法の検定試験を始めた。景表法の知識習得を目的する。資格は「消費者庁後援」。景表法は、第26条で表示の適切な管理

2021年 9月16日 12:50

消費者庁機構定員要求 デジタル政策統括で新ポスト、DPF規制法運用、CtoC取引の調査も

 消費者庁は、来年度の機構定員要求にデジタル関連の政策を統括する新ポスト配置を盛り込んだ。デジタルプラットフォーム(DPF)における消費者の利益保護推進、

2021年 8月26日 12:00

テレビ露出増え市場のすそ野拡大<男性用育毛剤、「マス市場」で認知> クロスメディア戦略がカギに

 男性用育毛剤市場のすそ野が広がっている。ここ数年、ウェブを主戦場に、市場はソーシャルテックがけん引。育毛ケアに対する「抵抗感」の打破を目指し、他社と

2021年 7月29日 14:00

消費者 偽サプリに注意喚起、被害把握なく「総合的に判断」

 消費者庁が、消費者安全法を発動した。フリーマーケットサイトで大塚製薬が販売する健康食品の「偽物」が販売されていると注意喚起。消安法施行令に規定する「

楽天 通信販売年鑑 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売