TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

判断避ける公取

2020年 3月 5日 13:15

 楽天の「送料無料」問題で、公取委は、東京地裁に緊急停止命令の申し立てを行った。公取委の選択肢は、これを除き3つ。調査で違反の是非を判断するか、指導するか、確約手続きを使うかだ。

 楽天の意志は固い。調査は、時間と労力がかかる。だが、指導は法的拘束力がない。確約手続きも楽天が翻意しなければ調査が必要になる。現状は「疑い」の段階。対アマゾンという構図の中で公正競争の観点から違法認定は微妙。難しい判断を司法の手に委ねるのは、妙手ともいえる。

 ただ、「経済の憲法」と言われる独禁法の門番たる公取委が、自ら判断することを避けたとの見方もできる。プラットフォーム規制に毅然とした姿勢で臨めるか。
 
楽天にお店をひらきませんか? リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査