TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

大量閉店の現実

2020年10月 8日 14:00

 H&MやGAP、ZARAなど海外の大手アパレルSPAが次々と実店舗の閉店を発表している。新型コロナウイルスに伴い、日本を含む商業施設などでの不採算店舗をかなりの規模で中長期的に整理することが明らかとなった。

 閉店後の商業施設には、いわば一等地の売り場に空きができた状態となり、通販企業をはじめリアルで攻勢をかけたい他の企業にとっては出店の大きなチャンスとなる。

 しかし、海外の人気ブランドが消えてしまった商業施設に以前ほどの集客力や魅力が残るかは不透明だ。出店する際にはそうしたリスクも踏まえて冷静に判断するべきだろう。
 
楽天 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査