TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2020年 9月10日 07:30

ソフトバンクと佐川急便 配送ロボットを実験、NEDOが事業選定、アスクルなど協力を

 ソフトバンクと佐川急便は9月2日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」の

2020年 5月21日 10:11

佐川グローバルロジスティクス EC向け物流業務稼働、新センターに自動化設備導入し

 SGホールディングスグループで国内ロジスティクス事業を展開する佐川グローバルロジスティクスは5月末にも東京・新砂のグループの大規模物流センター「X(エッ

2020年 4月23日 13:30

新型コロナでニーズ拡大か<広がるECでの「置き配」> 楽天やアマゾンも積極展開

 再配達の数を減らす試みとして注目されている「置き配」。プラットフォーマー各社の自社配送サービスにおいても利用が広がっており、楽天の「楽天エクスプレス

2020年 2月24日 13:30

日本GLP 大型物流施設が起工、ターミナルに佐川・西濃が入居

 物流不動産の日本GLPは2月10日、新たなコンセプトに基づいた大型物流施設ブランドの第1号物件となる「GLP ALFALINK(アルファリンク)相模原Ⅰ」(所在地・神奈川

2020年 2月10日 13:30

SGホールディングス 次世代型大型拠点が竣工、EC向けシェアフルフィルも提供

 SGホールディングスは1月31日、東京・新砂で次世代型と位置付ける、グループの大規模物流センター「X(エックス)フロンティア」が竣工した。通過型物流センター

2019年11月28日 15:00

PLANA 物流事業に参入、関東・九州で共同配送ネット構築へ

 テレビ通販番組の制作から広告代理業までワンストップで行うPLANAが物流事業に参入した。庫内作業を行う複数の3PL事業者と連携し、通販企業に代わり共同配送の

2019年10月 3日 13:30

国交省調べ 18年度は1.3%増、宅急便取扱実績、過去4年で最小の伸び

 国土交通省が10月1日に発表した2018年度の宅配便の取扱実績は、前年度比1・3%増の43億701万個となった。そのうちトラック運送によるものは同1・2%増の42億6061

2019年 9月12日 14:15

佐川急便の本村社長 「通販企業と一緒に」、会見で再配達削減の見解

 佐川急便の本村正秀社長(=写真)が9月4日に会見し、今年4月に社長就任し同社の課題への取り組みなど経営の舵取りについての所感などを述べた。働き方改革や人員

2019年 5月20日 12:00

配送料値上げで続く苦境、食品通販にシワ寄せ、値上げの煽り繁忙期ある企業に

 宅配大手による配送料値上げが止まらない。大手3社はここ数年、適正運賃収受の取り組みを推進。値上げ交渉の進捗を受け、直近となる前期は大幅に収益改善が進

2019年 1月24日 13:15

ラストワンマイル協同組合 全国配送も対応へ、1都5県以外はコラボデリ通じ

 複数の中小運送事業者で通販向け宅配事業に取り組むラストワンマイル協同組合が、全国配送への対応を開始する。首都圏の1都5県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨

2019年 1月17日 10:15

【アスクルが挑む「宅配クライシス」㊦】 新小口配送「次の段階に」、即配、商品・エリア拡大、BtoCへ

 アスクルが「宅配クライシス」の対応策の一環として昨夏から実証実験を行っている東京・六本木の商業ビル「東京ミッドタウン」の地下の荷捌き所の一角に専用ラ

2019年 1月10日 13:15

【アスクルが挑む「宅配クライシス」㊥】 新小口配送モデルに成果、作業負荷軽減とコスト削減で

 「配送クライシス」に対抗すべく、矢継ぎ早に様々な施策を繰り出しているアスクル。中でも特に注目すべき取り組みがある。昨夏から同社が展開する法人向けオフ

2018年12月13日 13:15

読者と選ぶ2018年10大ニュース 1位は「ゆうパック値上げ」

 2018年も残すところあとわずか。通販業界では今年も様々なニュースが駆け巡った。昨年に引き続き、今年も配送費の値上げが最大の関心ごととなっており、コスト

2018年10月 4日 09:51

ネスレ日本と佐川急便 宅配で新サービス、個人や商店を拠点に受渡・配達

 ネスレ日本は10月1日、佐川急便と共同で一般世帯や商店など地域コミュニティを活用した新たな宅配サービス「MACHI ECO(マチエコ)便」を開始した

2018年 9月13日 10:32

国交省調査17年度宅配便数 トラックのみで初の40億台、「ゆうパック」が20%のシェア

 国土交通省が9月7日に発表した2017年度の宅配便の取扱実績は、前年度比5・8%増の42億5133万個となった。うちトラック運送によるものは同5・9

楽天 大型物流センター「SLCみらい」 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査