TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2022年 6月16日 11:00

大正製薬 審査請求が棄却、マスクの景表法処分、取消求め提訴へ

 大正製薬が景品表示法に基づく処分を不服として行っていた審査請求が棄却された。光触媒技術を活用したマスクの広告表示をめぐるもの。19年7月、消費者庁が同

2021年11月25日 12:15

健食通販市場、3.2%増<20年度健康食品通販売上高ランキング> 上位100社総計6700億円、コロナ禍の健康志向の高まり追い風

 通販新聞社が行った2020年度の「健康食品通販売上高ランキング調査」は、上位100社の売上高総計が前回調査比3・2%増の6752億8600万円だった。機能性表示食品制

2021年 9月16日 12:50

キューサイ 女性用発毛剤を展開、通販の知見活かし医薬品強化へ

 キューサイが女性用発毛剤の市場に参入した。市場は、すでに男性用発毛剤で実績のある大正製薬やアートネイチャーなどの企業がけん引する。男性に比べ女性はよ

2021年 4月 1日 12:00

【トクホ 終わりの始まり 1 許可8件とゼロ回答】

機能性の登場で許可が一桁に  特定保健用食品(=トクホ)が落日を迎えている。20年度の許可は、8件に激減。対して機能性表示食品(=機能性)は1000件に迫る旭日

2021年 2月25日 12:50

不急のプラン 公邸懇親会の波紋④

責任感欠く危機管理  日本健康・栄養食品協会(=日健栄協)が呼び掛けた国会議員と一部大手会員限定の「特定保健用食品及び機能性表示食品制度勉強会兼懇親会

2021年 2月12日 12:30

不急のプラン 公邸懇親会の波紋②

会員から透明性を問う声も  コロナ禍が激しさを増す今年1月上旬、日本健康・栄養食品協会(=日健栄協)が企画していた国会議員と一部大手会員限定の「特定保健

2021年 2月 4日 13:00

不急のプラン 公邸懇親会の波紋①

案内状から透ける力学  新型コロナウイルスの感染拡大が続く。政府は1月7日に2度目の緊急事態宣言を発令し、飲食店の営業時短や不要不急の外出自粛などを求

2021年 1月28日 13:30

日健栄協がコロナ禍に懇親会、会員軽視、問われる協会の識見

 日本健康・栄養食品協会(=日健栄協)が、国会議員、一部企業を招き、大人数の懇親会を企画していたことが分かった。年末にかけて新型コロナウイルスの感染が拡

2020年11月12日 07:30

上位100社で6500億円突破<19年度健康食品通販売上高ランキング> 機能性、制度活用進み伸長、「免疫」解禁がさらなる追い風に

 通販新聞社が行った2019年度の「健康食品通販売上高ランキング調査」は、上位100社の売上高総計が前回調査比2・7%増の6546億5200万円だった。市場は、研究開発

2020年 7月30日 11:14

家電やメーカー通販の状況は<注目ジャンル別通販売上高ランキング>

 通販新聞社は7月、「第74回通販・通教売上高ランキング調査」を実施し、売上上位300社の通販売上高を調査し、ランキングを発表した(前号第1760号参照)。当該ラ

2020年 5月21日 11:45

消費者庁、措置命令を撤回<処分事実、認定に誤り> 「制度上起こりうる」と理解求める

 消費庁が5月15日、1年前に行った措置命令を撤回した。健康食品通販を行うユニヴァ・フュージョンに対するもの。違反認定した不当表示の「表示期間」に誤りがあ

2020年 5月14日 11:49

景表法19年度速報 国の措置命令40件、「通販」が半数、「痩身効果」2割

  2019年度の国の景品表示法に基づく措置命令件数は、36社に対する40件だった。通販関連は、17社で半数を占めた。消費者庁の創設以降、過去最高の執行件数

2019年12月12日 13:40

読者と選ぶ 2019年10大ニュース 1位は「物流コスト上昇」

 2019年もまた前年に引き続き、物流コストの上昇が大差で1位となった。トップ10の内、実に物流関連の話題は4つもランクイン。通販企業にとっては事業を行う上で

2019年11月28日 15:00

<18年度化粧品通販売上高ランキング> 上位85社で5000億円突破、インバウンド・海外進出で成長、「単品通販」の限界露呈、明暗分かれる

 通販新聞社が行った2018年度の「化粧品通販売上高ランキング調査」は、上位85社の売上高総計が5000億円を突破した。前回調査と比較可能な上位75社の売上高総計

2019年11月21日 14:49

景表法処分取消訴訟 アマゾンが敗訴、不当な二重価格、控訴は「慎重に検討」

 アマゾンジャパンが消費者庁を相手取り、景品表示法に基づく措置命令の取り消しを求めていた訴訟は11月15日、東京地裁がアマゾンの請求を棄却した。判決に対し

楽天 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売