TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

キーワードによる記事検索の結果ARTICLE

2022年 5月12日 13:00

高島屋 新宿にショールーミング店、越境EC支援などで差別化

 高島屋は4月29日、トランスコスモスとの合弁会社タカシマヤトランスコスモスインターナショナルコマース(TTIC)を通じて展開するショールーミングストア事業の1

2022年 3月10日 13:30

高島屋 ショールーミングストアに参入、高島屋新宿店に1号店開設、5年で10店舗を計画

 高島屋は3月4日、トランスコスモスとの合弁会社であるタカシマヤトランスコスモスインターナショナルコマース(TTIC)と共同でショールーミングストア事業を開始

2022年 3月 3日 13:00

ファブリックトウキョウ 官民ファンドから出資、協業や採用など強化へ

 オーダーメードスーツなどを手がけるFABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)は2月22日、兵庫県と神戸市などが出資する「ひょうご神戸スタートアップファンド」

2021年12月24日 13:00

ブルマーレ 専用ブランドで通販に参入、着心地よい補整機能付インナー

 「女性の”悩み”を解決できる、長く愛される下着を作りたい」。下着のOEM、ODM事業などを展開するブルマーレが通販に乗り出した。体形の変化を感じ

2021年12月16日 14:30

読者が選ぶ2021年10大ニュース 前年に続き、「コロナ」に翻弄

 前年に引き続き、新型コロナウイルスが猛威を振るった2021年。通販業界をはじめとする様々な企業活動に大きな変化を与えることとなった。本紙が行ったアンケー

2021年12月 8日 10:30

三者三様で存在感を発揮へ<ファッションECモールのOMO支援策は?>

 ファッションECモール運営企業が取引先ブランドのOMO支援に乗り出している。コロナ禍でECシフトが加速し、リアル店舗の価値が変化しつつある中、アパレル業界

2021年11月18日 12:20

【メーリングサービス特集】富士ロジテック 同梱物から顧客引き上げ、“アンボクシング”で印象付け

 通販物流支援などを手がける富士ロジテックでは、同梱物を使ったCRM施策に着目しており、提供する物流メニューにおいて、外部の専門企業と連携したチラシ・DM

2021年11月10日 11:00

レオマート イベントマッチングを本格化、EC事業者などに顧客接点の場、1年半で100件以上成約

 三越伊勢丹グループのレオマートは、リアルイベントを開催したいEC事業者などと三越伊勢丹店舗をつなぐイベントマッチングのプラットフォーム「イベマチ」を本

2021年10月28日 13:00

ゾゾ D2Cで初のポップアップ、阪急うめだ本店に13ブランド

 ZOZO(ゾゾ)は11月17日~22日、阪急うめだ本店で開催されるD2Cブランドのポップアップショップを集めたイベント「マイクリエイターフェス」に、ゾゾのD2C事業「

2021年10月21日 13:00

大丸松坂屋百貨店 3カ年でOMO戦略を加速、オンライン経由売上400億円へ

 大丸松坂屋百貨店は、2024年2月期を最終年とした3カ年の中期経営計画でOMOを加速する。”人”を軸にしたデジタル戦略により、オンライン経由の売上

2021年10月14日 13:00

大丸松坂屋百貨店 初のショールーミング店、大丸東京店でD2C商材を提案

 大丸松坂屋百貨店は10月6日、大丸東京店4階のイベントスペースにD2Cブランドのショールーミングスペース「明日見世(asumise)」を開設した(画像)。中計で掲げる

2021年 9月23日 08:00

大手小売店舗の大型刷新、“新しい売り場”づくり着々

 大手小売りで次世代型店舗の開発が進んでいる。消費環境が急激に変化する中、従来型の店舗では行き届かなかった顧客対応や商品理解へのサポート、把握しづらか

2021年 9月 9日 10:25

そごう・西武 西武渋谷店にOMOストア、店とECで完全在庫連携、D2Cブランドなど提案

 そごう・西武は9月2日、デジタルプロダクト開発のルートシックスと協業して渋谷西武にOMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」を開設した(

2021年 9月 2日 12:30

差別化、特色を武器に参入相次ぐ<ネットスーパーの現状と新潮流> プラットフォーマーとの協業で展開も

 ネットスーパーが活況だ。コロナ禍によって消費者側の利用率増加と事業者側の対応強化もあり、展開中の各社のネットスーパーはいずれも好調に推移しているよう

2021年 8月12日 07:10

【ゾゾの澤田宏太郎社長が語る“コロナ禍の成長戦略”】 コロナ禍で本質が見えた  エンタメ性が次の勝負所に

 ZOZO(ゾゾ)は、2021年3月期の商品取扱高が前年比21.5%増の4194億円、営業利益が同58.3%増の441億円となり、どちらも過去最高を更新した。デジタル化の波をとら

「リテールテック JAPAN Online」マイクロソフト全セッション一挙公開! 楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売