TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

セブンネットショッピング イトーヨーカ堂の野菜を発売、「顔を見える野菜」の取り扱い初

2012年 3月 1日 10:45

801.jpgセブンネットショッピングは3月1日から、自社通販サイトで野菜セットの販売を開始する。グループのイトーヨーカ堂のオリジナルブランド「顔が見える野菜。」を詰め合わせたもので、同ブランドの取り扱いは初。食品の安心・安全の関心が高まっていることを背景にニーズがあると判断した。イトーヨーカ堂のネットスーパーでも「顔のみえる野菜。」を扱っているが、エリアが限定されていた。全国の受注に対応できるネット販売を通じて販路の拡大を目指す。

  発売する野菜セットは「顔。ボックス」。イトーヨーカ堂のオリジナルブランド野菜を詰め合わせたセブンネットショッピング専用セットで、商品のQRコードを利用して生産者や産地、栽培などの情報を提供する。

 自宅での利用頻度の高い野菜や、旬な野菜を詰め合わせた、野菜セット9アイテムをラインアップ。じゃがいもや玉ねぎなどを詰め合わせた「定番野菜セット」(小サイズが1580円)や、九州産の野菜のみを組み合わせた「九州野菜セット」(2980円)、季節限定の「春の行楽セット」などとなる。セット内容は1~2カ月ごとに見直し、産地や内容の変更を行う。

 商品はイトーヨーカ堂から仕入れて販売する。これまで取り扱っていたイトーヨーカ堂の生活雑貨従来は店舗から直送する仕組みとしていたが、「顔。ボックス」シリーズは商品の受注後に発注し、店舗向けの配送センターでセット組みを行う。配送リードタイムは注文から4~6日。

 2月20日から「定番野菜セット(小)」(980円)の予約販売を開始。価格を下げたことで値ごろ感が高まり、「出足は良い」(同社)とする。

 「顔の見える野菜。」シリーズはイトーヨーカ堂の店頭で販売し人気商品となっていた。野菜以外に果物や肉、魚などについても生産者情報を公開しており、順次、取り扱いの拡大を検討していくようだ。

 セブンネットショッピングでは昨年から生鮮品の取り扱いを強化してきた。顧客から、生鮮品の産地に関する問い合わせが増加傾向にあり、安心・安全のニーズがあると判断。イトーヨーカ堂のネットスーパーとはすでに専用コーナーを設けてリンクしているが、店舗を中心に配達エリアが限定されていた。ネット販売を通じて全国に販路を拡大したい考えだ。

楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売