TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ベルシステム24HD 問い合わせにMR活用、デロンギのサポート業務で

2019年12月 9日 13:30

 ベルシステム24ホールディングスはコールセンター業務で「MixedReality(MR=複合現実)」という技術の導入を進めていく。MRは専用のヘッドマウントディスプレイを着用すると、3Dホログラム技術によって実際にはその場にないものでも、あたかも目の前にあるかのように操作できるというもの。ベルシステムではまずコーヒーマシーンを扱うデロンギ・ジャパンの業務で実際に運用を行う。同技術によってデロンギ製品のサポート業務をコールセンター以外の場所でも提供することが可能になるようだ。

 これまでは電化製品や化粧品などの製品を提供するメーカーのコールセンターでは、実際の製品をセンター内に設置して問い合わせに応じてオペレーターが実物を手に取って対応していた。MR技術を活用することで、問い合わせに対して空間に再現された3D画像の製品を確認しながら回答することができるようになる。

 今回の取り組みではマイクロソフトのヘッドマウントディスプレイ「ホロレンズ2」と、データメッシュ社の3Dホログラム技術を使ったアプリを組み合わせる。3Dホログラムのデータはマイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「マイクロソフト・アジュール」に保存されるため、複数の人がどこからでも利用できる。

 そのため地方在住のスタッフや育児・介護と仕事を両立したい人など時間や場所の制約がある場合でも、コールセンターに勤務するオペレーターと同レベルの業務が可能になるという。ベルシステム24ではこのビジネスモデルの特許を申請済み。

 まずは数人規模で、デロンギ製品の問い合わせ受付業務で実証実験を行う。その後オペレーターの人数や対応する拠点を増やし、複数のデロンギ製品に拡充していく。2021年末をメドに汎用的なビジネスモデルを構築し、他の顧客企業への導入を進める計画。
 
楽天にお店をひらきませんか? リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査