TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

白鷺ニット工業 肌着の新ブランドを開始、自社EC開設し2シリーズ展開、国内生産で差別化図る

2020年 2月 6日 13:30

 肌着メーカーの白鷺ニット工業は1月29日、大人の女性の肌に寄り添う肌着の新ブランド「HAKURO(ハクロ)」の通販サイトを開設した。取り扱い商品は、肌触りを追求した柔らかな綿100%の「コットン・ガーゼ」と「コトン・リブ」の2シリーズで、商品発送は3月上旬頃を予定する。

 同社によると、市場ではワンエイジで大衆化されたインナーウエアが数多く流通しているが、世代によって体型が異なるほか、肌の水分量や皮脂量などは年齢によって変化するため、肌に一番近い肌着は基礎化粧品を選ぶのと同じように選んで欲しいとしている。

 「ハクロ」は国内の自社工場で素材や糸、色、デザインの細部までこだわって生産。2シリーズは一般的なインナーウエアの半分ほどの細さの糸を使用し、極細糸で編んだ生地は滑らかで柔らかい質感という。また、丸編みを採用することで、脇に布の縫い目がない形状に仕上げた。

 襟ぐりは広めのバレエネックとし、襟の開いた洋服でも首回りがきれいに見え、コーディネートもしやすいという。着丈はかなり長めで、しゃがんだ時に背中が出る心配もないという。

 2重ガーゼ編みの生地で作った「コットン・ガーゼ」は暖かく柔らかいのが特徴で、襟ぐりと袖口には締め付けが強すぎないテープゴムを使用。サイズはM、L、LLの3タイプで、袖丈は10分袖(税別3600円)と8分袖(同)、タンクトップ(画像=3000円)の3種類となる。

 「コットン・リブ」は生地が薄く、よく伸びて体にフィットする肌着で、春先や秋口など季節の変わり目の着用がお薦めという。サイズはフリーサイズで、袖丈は8分袖(3600円)と半袖(3000円)、タンクトップ(同)の3種類で、カラー展開はどちらもライトグレーとネイビー、ブラウンの3色となる。

 
楽天 大型物流センター「SLCみらい」 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査