TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

アイスタイル 都内に旗艦店、ブランド横断で顧客情報を管理

2019年10月16日 15:50

 アイスタイルが年内にも都内に旗艦店をオープンする。売場面積は、これまでの店舗と比べ4倍以上となる最大規模。企業がポップアップショップ(期間限定店舗)を開設できるスペースやイベントスペースを設ける。顧客管理もこれまでのブランド軸から、「ユーザー軸」に変更。アイスタイルは、企業が「@cosme(アットコスメ)」のデータベースを活用できる「ブランドオフィシャル」の浸透を進めており、店舗を通じてユーザーや顧客との関係性強化を図る。

 新店舗「@cosmeTOKYO」(=画像)は、都内の原宿駅前にオープンする。初の路面店で、店舗総面積は約2000平方メートル、約1300平方メートルを売場面積が占める。展開する「@cosmestore(アットコスメストア)」は、大きいものでも約300平方メートルであり、4倍以上の売場面積を確保する。

 新店舗では、オルビスやポーラ、クラランス、SABON、ジバンシイなどこれまで取り扱いのなかった多くのブランドを取り揃える。従来の店舗は6000~1万アイテム(SKU)を扱っていた。新店舗はこれをこえる規模になる。

 顧客管理の強化に向け、新たな台帳システムも導入する。店舗ではここ数年、肌診断機などを導入し、カウンセリング販売を強化していた。ただ、顧客の購入履歴や対応履歴は、ブランド軸で管理しており分散していた。新店舗では、個々のユーザー軸で購買履歴等を把握できるようにする。今後、既存店もブランド横断型の台帳システムの導入を検討していく。

 1階には、企業が来店客との接点づくりに向け、ポップアップショップを展開できるスペースを設ける。また、インフルエンサー向けにライブ配信設備を備えたスタジオも設ける。

 1・2階の売場スペースには、従来からの店舗づくりを踏襲し、「アットコスメ」のベストコスメ商品を分かりやすく配置した「ベスコスタワー」や、ランキングに基づくコーナー、テスターバーを配置する。広い売場を活かし、ラグジュアリーブランドが専用の什器などを導入し、ブランドの世界観を演出できるスペースも新たに設ける。

 3階は、ファンミーティングやブランド発表会など多目的に利用できるイベントスペース「TOKYO BEAUTY SPACE」(仮称)を常設。来店客などユーザーとブランドの関係性強化を図る。

 「アットコスメ」ユーザーの行動履歴を把握できる「ブランドオフィシャル」の精度向上は、ウェブや店舗を通じ、顧客との関係強化が不可欠になる。新店舗の展開もその一環。現在、「アットコスメストア」は国内外に33店舗を展開している。
 
楽天にお店をひらきませんか? リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査