TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

「利益体質を根付かせる」【タンタンコーポレーション 中山信夫代表取締役社長 丹澤直人代表取締役次長に聞く】 安売り以外でユーザーに還元

2020年10月 1日 07:30

 家電のネット販売を展開するタンタンコーポレーションでは、前社長の丹澤誠二氏が今年1月に急逝。取締役で仕入れの責任者を務めていた中山信夫氏が代表取締役社長に就任したほか、前社長の子息である丹澤直人氏が代表取締役次長に就き、2人代表体制となった。多摩地方の地場家電量販店だった同社だが、前社長はインターネット黎明期からネット販売に取り組み店舗事業から撤退、家電ジャンルの有力店へと育て上げた。その後を受け、どう舵取りしていくのか。中山氏と丹澤氏に聞いた(写真左から中山社長と丹澤代表取締役次長)。


 ――2020年2月期の売上高は、前期比16%減の38億6500万円だった。

 中山信夫社長「昨秋の長雨と10月の消費税増税、そして暖冬という3要因が大きく響いた。当社はエアコンを中心とした季節家電が強いため、天候の影響を受けやすい。価格を下げれば売れるという状況でもなく、かなり売り上げを落としてしまった」

 ――利益面は。

 中山「売り上げは確保できていても、一つひとつの注文を見ると、きちんと利益が取れていないケースが多い。これまでは月次ベースで売り上げと粗利をみていたが、仮想モールに出店する1店1店が日々利益を確保できているのか、今後はきちんとチェックしていく。配送費に関しても、粗利に見合った金額で送れているのかなど、細かいところをみている。固定費に関しては人件費は削れないが、余分と思われる部分は削ったので、販管費も少なくはなっている。かなり良い回転が始まったのではないか」

 ――コロナ禍の影響は。

 中山「2~3月は商品がなかなか入ってこなかったこともあり、伸び悩んだ。4月後半からは”巣ごもり需要”もあり、今までが嘘のように売れ出し、5~6月も好調だった。高いエアコンが売れる傾向にあり、利益率も非常によかった。テレワークをする人が多く、エアコンの工事依頼も非常に多かった。ただ、7月に入ってからは長梅雨の影響を受けた」

 ――仮想モール店舗の状況は。

 中山「ここ数年、楽天市場店に勢いがある。会社としては自社サイトで売れるのが一番いいのだが、価格比較サイト『価格.com』経由のユーザーが大多数だ。ただ、最近の価格.comは仮想モールの店舗も多数価格を掲載しているので、そちらにユーザーが流れているのではないか。ヤフー店は最近あまり調子が良くない。アマゾン店は売れてはいるが、手数料が高い」

 ――今後の課題を教えてほしい。

 中山「日々の売り上げに付随する利益を店舗ごとに明確化していき、『この商品を売ったらいくら儲かるのか』というところまで落とし込み、利益が出る体質にしていく。また、そういったことを各社員が把握できるようにする」

 丹澤直人代表取締役次長「利益がきちんと出れば、ユーザーに還元できる幅も広がる。安売りだけではない還元もしていきたい。具体的には自社サイトの刷新だ。この20年間できていないので、もう少し使いやすいサイトにしていきたい。また、ネット広告の出稿も考えている」


 中山「現在、自社サイトではクレジットカードでの決済は対応しておらず、価格を上げた別サイトで使えるようにしている。利益が出る体質になれば、自社サイトでもカードを使えるようにしたい」

 
楽天 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査