TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ZOZOテクノロジーズ バーチャルモデルを公開、顧客に合った着用画像表示や、ささげ費用の削減も

2021年 2月18日 12:50

 ゾゾ子会社のZOZOテクノロジーズは2月9日、3DやAIを活用した「バーチャルファッション」プロジェクトを開始した。第1弾として、同社のバーチャルヒューマン生成技術を使用した4人のバーチャルファッションモデル「Drip」を公開した(画像)。異なるファッションスタイルを持つ4人がさまざまなコーディネートを着用し、「インスタグラム」や「ティックトック」で活動を発信していく。

 公開したバーチャルモデルは、同社とディープフェイク技術(AIによる人物画像合成技術)において世界的第一人者であるハオ・リー氏が率いるピンスクリーン社が共同開発しており、リアルな人間との判別が難しいクオリティーを実現しているという。

 ZOZOテクノロジーズは今後、当該技術を使用することで、「ゾゾタウン」の商品ページを閲覧する際に顧客の体型、年齢に近いモデルの着用画像を自動的に表示したり、過去の購買データから顧客の好みのアイテムやスタイルを判断してその商品やスタイルに合ったバーチャルモデルが着用した画像を提案したりすることでパーソナライゼーションを推進するとともに、バーチャル上での試着体験の提供などを目指していく。

 また、現実世界に実在しないモデルを使用することで、ファッションECの運営に欠かせない”ささげ業務”のコスト削減も可能とする。
 
楽天 EC通販で勝つBPO活用術 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査