TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

楽天 ロボットでスーパーから宅配、横須賀市の公道を走行

2021年 3月25日 13:10

 楽天と西友は3月23日、神奈川県横須賀市内において、自動配送ロボット(UGV)を使って西友店舗で扱う商品を配送するサービスを開始した。UGVがスマートフォンなどから注文した商品を顧客宅まで届けるというもので、UGVが公道を走行してスーパーの商品を配送するのは国内初。無人配送の拡大で物流危機打開を目指す(写真㊤左から楽天の向井秀明ジェネラルマネージャー、楽天の小森紀昭執行役員、横須賀市の上地克明市長、西友の小川秀典バイスプレジデント )。

 対象となる馬堀海岸地域の住民(約200メートル×約120メートルの範囲)が、スマホ向け通販サイトから商品を選び、住所と配達時間帯を指定して注文するか、「西友馬堀店」で購入した商品をサービスカウンターに持ち込んで配送を依頼することで利用できる。UGVが自動音声による電話で到着を知らせたあと、顧客はUGV側面の操作パネルに暗証番号を入力して解錠、商品を受け取ることができる。

 両社が2019年に横須賀市の「うみかぜ公園」でUGVの配送サービスを実施した際には、中国・京東集団製のUGVを使っていたが、今回はパナソニック製UGVを使用、時速4キロメートルで最大積載量は30キログラムとなっている。「国土交通省から公道を走る許可を得るためには、メーカーとして独自に動いてもらえるパナソニック製の方が適している」(楽天の向井秀明ジェネラルマネージャー)。

 4月22日までの期間限定。期間中の火曜日と木曜日のみ計10日間が対象で、1日の配送枠は11時~16時のうち6枠。国交省からは基準緩和認定を、警察からは道路使用許可を得ている。UGVは人や物を自動で避ける。さらに走行中は「横浜リサーチパーク」から遠隔監視しているほか、UGVには保安用の人員が随行する。向井氏は「本格的に拡大するためには保安用の人員をなくし、1人の遠隔監視員が複数台のUGVを監視できるようにしたい」と述べた。

 同日のUGV配送で、西友で買った商品を受け取った83歳の女性は「かさばる物や重い物を運んでもらえるのは助かる。今後も利用したい」と喜んだ。

 料金は無料。今回の取り組みで1配送あたりのコストを割り出し、将来的に本格展開する際の料金設定の参考にする。また、利用できる地域の拡大や西友近隣の飲食店やドラッグストアなどの商品も注文を受けられるようにする計画もある。

 同日記者会見した、楽天の小森紀昭執行役員は「今回のサービスを通じて、安全・安心を感じてもらい、UGVがすぐそばにある生活に向けて取り組んでいきたい」と述べた。西友の小川秀典バイスプレジデントは「物流の人手不足にもつながるのではないか」とコメント。横須賀市の上地克明市長は「横須賀市は山や坂が多く、高齢者には不便。新しい技術を駆使して生活を維持・向上させる必要がある。今回の取り組みは課題解決への一筋の光。近い将来、公道をロボットが走り回り、空をドローンが飛び回る夢を抱いている」と期待を寄せた。
 
楽天 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査