TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ゾゾの「ウェア」 ソーシャルコマース機能が始動 PayPayフリマに同時出品も 

2022年 7月 1日 19:20

 ZOZO(ゾゾ)は6月29日、ファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」で、ヤフーが運営するフリマアプリ「PayPay(ペイペイ)フリマ」の仕組みを活用してコーデの着用アイテムを手軽に出品・購入できる、ファッションに特化したソーシャルコマースの新機能を提供開始した。

 「ウェア」は2013年にサービスを開始したファッションSNSで、現在、アプリダウンロード数は1600万件を突破。1200万件を超える多種多彩なコーデ画像が集まっている。
 今回のソーシャルコマース機能では、「ウェア」に投稿されたコーデの着用アイテムを簡単に出品・購入できるもので、購入検討の際、着用コーデや投稿者の身長といった豊富なファッション情報からサイズ感や着回しイメージも参考にできる。
 気になる着用アイテムがあれば、「WANT(欲しい)」ボタンをタップすることで、出品をオファーすることもできるのが特徴で、「WANT」したアイテムが出品されるとマイページに通知が届く。
 これにより、例えば憧れのファッショニスタが着用した服や、欲しかったものの過去に買い逃したアイテムなどに対し、購買意欲を示すことができる。また、「WANT」でのオファー時には買いたい金額を任意で入力でき、オファーを受けたユーザーが自身の所有アイテムのニーズを知り、出品へのモチベーションを高めたり、出品時の価格設定の参考にすることも可能だ。
 「ウェア」に出品したアイテムは、「PayPayフリマ」のアプリをダウンロードしてID連携することで、ダウンロード数が1000万件を超える「PayPayフリマ」アプリにも同時出品できるため、より幅広いユーザーに出品アイテムを閲覧してもらえるという。
 ゾゾは昨年、サステナビリティステートメント「ファッションでつなぐ、サステナブルな未来へ。」を掲げており、「ウェア」でのソーシャルコマース機能の提供は二次流通の機会創出につながる取り組みのひとつだ。
 ゾゾとヤフーでは、これまでも「PayPayフリマ」において、ファッション通販サイト「ゾゾタウン」で購入した商品を簡単に出品できる機能「持ち物リスト」を提供するなどしてきた。
 なお、「ウェア」では今回のソーシャルコマース機能の提供開始に合わせて、6月29日から出品者全員が最大1000ポイントのZOZポイントがもらえる「ZOZOポイントプレゼントキャンペーン」をスタートしたほか、7月7日からはファッション業界で活躍する著名人14人が毎週3~4人ずつ、4週間にわたって私物を出品する「著名人フリーマーケット」企画を実施する。
 
楽天 アパレル特化物流センター スクロール360 SLC春日部 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売